HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 岡部武央 Okabe Takehisa – 総合武道研究会 玄武館

岡部武央 Okabe Takehisa – 総合武道研究会 玄武館

 

1972年静岡県生まれ。井上元勝師範の唯心会にて空手道、琉球古武術を学び、1990年より躾道館 小林直樹主席師範に師事し、易筋経、嫡流真伝中国正派拳法、太気至誠拳法、九十九式太極拳を学ぶ。1998年、第一回世界散打搏擊選手権において64キロ級チャンピオンとなる。 2011年より深井信悟師範に禅密功、回族心意六合拳、山西派宋氏形意拳を中心に楊家太極拳の要訣を学ぶ。現在、千葉県柏市を中心に東京都内でも太極拳の指導を行っている。九十九式太極拳の会・代表師範。総合武道研究会 玄武館会長。

【関連商品】
書籍『武術で勝つ瞑想法』
DVD『内なる力で戦う 九十九式太極拳の実戦用法』




▶ キーワード検索