古今東西の武道・武術・身体術理を追求する方のための総合情報サイト

Twitter facebook

達人・名人・秘伝の師範たち

肥田春充 Hida Harumichi - 肥田式強健術

身体操作/療術

「肥田式強健術」創始者。医家・川合立玄の子として山梨県南都留郡西桂村に生を受けた春充(五男)は生来の虚弱体質を改善すべく十代後半から強健を志し、わずか二年で肉体の大変革に成功する。三大学四学部を同時に卒業するなどの逸話を遺した、二十代に掛けて自ら創案した運動法をまとめ、1911年、処女作となる『実験 簡易強健術』を出版。この頃、強健術の中身は十種類の運動法のみで、「下腹の緊張」「気合」を特徴としていた。その後、三十代前半に「脚の踏み付けによる衝動力」を練修法に応用、新たな気づきから得た運動律を「利動力」と名づけて「気合応用強健術」への道を拓く。35歳の時、静岡県伊豆八幡野の肥田家の養子となる。この時期、先の利動力を使う気合応用強健術と平行して、のちの「簡易強健術」に至る呼吸応用の型を模索する中、はじめて「中心」の概念を著書に著し、身体の「正中心の位置」を幾何学的な図として示した(『強い身体をつくる法』1916年)。1923(大正12)年、鉄棒を使用した「中心鍛冶術」の発表から半年、6月18日に「腰腹同量・正中心」を悟得。1936(昭和11)年、『聖中心道 肥田式強健術 天真療法』の大冊を上梓する。その後、終戦を経て、人類の前途を憂いた49日間の完全絶食ののち、74年の生涯を閉じた。前名:川合春充。

道場情報

肥田式強健術
  • 極真会館 六本木道場$
  • 沖縄空手会館$
  • グレートジャーニー$
  • 覇天会$
  • 活殺自在塾$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

合気の極み

攻撃の意志を持った相手が、
吹っ飛んでしまう!

"筋絡調整術"

人間の筋肉は、
螺旋で動くようにできている!

DVD

少林拳で練る!

芯からにじみ出る強さを練る
伝統的超身体開発法をこの一枚に凝縮!

システマの打撃

「短い動きが出来ないと
運任せのストライクになります」

文字サイズ 文字サイズ中文字サイズ大
ページの上部へ