HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 木﨑克彦 Kizaki Katsuhiko – 和伝流手裏剣道、山井流柔術拳法

木﨑克彦 Kizaki Katsuhiko – 和伝流手裏剣道、山井流柔術拳法

 

昭和35年、東京都西多摩郡生まれ。
和伝流手裏剣道第二代宗家、山井流柔術拳法第三代宗家。
幼いころから祖父、父より武術の手ほどきを受け、10歳から遠山(親泊)寛賢を祖とする泊親会で空手を修行する。選手として活躍する一方、公認指導員資格を取得し、後進の指導にあたり、東京都民大会などで西多摩郡チームの監督を務める。
八光流柔術と出会い、山﨑見峰皆伝師範に入門。その後、本部において第ニ代奥山龍峰宗家の指導を受け、師範、皆伝、三大基柱、皇法指圧指導講師を允許される。
縁あって、客分として迎えられた和伝流手裏剣道、山井流柔術拳法において鶴田勲宗家の技術や理論に心酔し、修行を重ね、平成24年に免許皆伝を受け、次期宗家に指名される。平成28年、山井館道場を開設し、指導にあたっている。

【関連商品】
書籍『一点全集中!手裏剣術で開眼』
DVD『最強の護身 手裏剣で制す!』




▶ キーワード検索