HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 千野進 Chino Susumu – 合気道隼

千野進 Chino Susumu – 合気道隼

 

1964年生まれ。1985年、合気道養神館へ入門。翌年、内弟子となる。2008年より警視庁警務部嘱託合気道師範を拝命。2012年より合気道養神館本部道場道場長となり、本部道場での指導に加え、カルチャーセンター、大学、警察などで幅広く指導する。2017年、合気道養神館より独立。2010年頃より自らの本拠として立ち上げていた「養神館合気道隼」の名を継承した「合気道隼」を新たな会派名として、恩師・塩田剛三の教えを後進へ伝えている。養神館在籍時の最高段位:合気道八段。

【関連商品】
DVD『切り下ろすがごとし! 隼の合気道』




▶ キーワード検索