HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 植木政明 Ueki Masaaki – 公益社団法人日本空手協会

植木政明 Ueki Masaaki – 公益社団法人日本空手協会

日本空手協会第三代首席師範。
1939年、東京生まれ。高校時代より杉浦初久二師範(第二代首席師範)に師事、その後亜細亜大学に進み、卒業後は第六期研修生として日本空手協会に入所、後に数々の大会で優秀な成績を収める(日本空手協会全国大会で組手優勝1回、形優勝6回、総合優勝3回を達成、※1968年には両部門制覇の完全優勝を成し遂げる)。総本部師範として長年に渡り国内外の指導、育成に尽力、平成7年7月22日より専務理事を務め空手協会の発展に寄与。平成22年5月29日より第三代首席師範に就任、現在に至る。





▶ キーワード検索