HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 中野秀一 Nakano Shuichi

中野秀一 Nakano Shuichi
合気道幸徳会

1962年生まれ。1977年、合気道練成会(故大村浩章師範主宰)に入門。1980年、法政大学に入学。合気道部に入部し、故有川定輝師範から指導を受ける。卒業後、富士通流通システムエンジニアリングに入社(後に富士通株式会社に移籍)。川崎市石川記念武道館での稽古を中心に活動を続ける。1992年、石川記念武道館での稽古指導を大村先生より引継ぎ、稽古しているメンバーで運営。1993年、富士通合気道部が発足。翌1994年に入部し、当時師範の現道主に学ぶ。1995年、合気道幸徳会を川崎市石川記念武道館で発足。2001年改めて本部道場で稽古を始め、大澤勇人師範の指導を受ける。現在、幸徳会、法政大学で後進の指導にあたり、今日に至る。

公益財団法人合気会 七段位 合氣道幸徳会 師範、神奈川県合気道連盟 理事、富士見合気道友会(法大合気道部OB会)副会長、法政大学合気道部 師範代、富士通合気道部。

【関連商品】
DVD『武術としての合気道 有川定輝伝」

【関連記事】
月刊秘伝2022年7月号「事理一体を体現する有川伝合気道」

1962年生まれ。1977年、合気道練成会(故大村浩章師範主宰)に入門。1980年、法政大学に入学。合気道部に入部し、故有川定輝師範から指導を受ける。卒業後、富士通流通システムエンジニアリングに入社(後に富士通株式会社に移籍)。川崎市石川記念武道館での稽古を中心に活動を続ける。1992年、石川記念武道館での稽古指導を大村先生より引継ぎ、稽古しているメンバーで運営。1993年、富士通合気道部が発足。翌1994年に入部し、当時師範の現道主に学ぶ。1995年、合気道幸徳会を川崎市石川記念武道館で発足。2001年改めて本部道場で稽古を始め、大澤勇人師範の指導を受ける。現在、幸徳会、法政大学で後進の指導にあたり、今日に至る。

公益財団法人合気会 七段位 合氣道幸徳会 師範、神奈川県合気道連盟 理事、富士見合気道友会(法大合気道部OB会)副会長、法政大学合気道部 師範代、富士通合気道部。

【関連商品】
DVD『武術としての合気道 有川定輝伝」

【関連記事】
月刊秘伝2022年7月号「事理一体を体現する有川伝合気道」

▶ キーワード検索