HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 中井祐樹 Nakai Yuki – パラエストラ東京

中井祐樹 Nakai Yuki – パラエストラ東京

1970年北海道生まれ。高校時代にレスリング、北海道大学では高専柔道の流れを汲む七帝柔道を学ぶ。同大中退後、上京しシューティング(修斗)に入門。修斗ウェルター級王者となる。1995年バーリトゥードジャパンオープンでは決勝に進み、ヒクソングレイシーに挑んだ。右目失明により修斗を引退し、ブラジリアン柔術に転向。ブラジル選手権アダルト黒帯フェザー級銅メダルなど、アメリカ、ブラジルで実績を残す。日本におけるブラジリアン柔術の先駆者であり、現在、日本ブラジリアン柔術連盟会長、パラエストラ東京代表。著書に『希望の格闘技』(イースト・プレス)。その他、増田俊也氏執筆『VTJ前夜の中井祐樹』など。





▶ キーワード検索