HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 岩城象水 Iwaki Syousui – 天心象水流

岩城象水 Iwaki Syousui – 天心象水流

1946年、富山県生まれ。18歳より糸東流空手を始める。30歳の時に天心古流拳法と出会い、11世に師事。その後、武道史歴史家の島田貞一先生に武道論、尾上政美師範に捕手術、国松良雄師範に捌きを学ぶ。1989年7月、神道天心流拳法・第9世宗家である故 上野義明天心より上野家伝の天心流拳法の印可を授与される。一方、打撃術や殺法を中心に錬磨してきた自分の武術に疑問を感じ、力を真に排除した「やわら」の追究を始める。現在、天心象水流宗家として後進を指導している。





▶ キーワード検索