HOME > 動画&フォトギャラリー > 【糸東流 白鶴拳】80歳空手レジェンドが示す“柔らかく危険”な拳法と源流 〜呉賢貴・摩文仁賢和・賢三・祖父江利久伝〜 「白鳥」4つの基本形

【糸東流 白鶴拳】80歳空手レジェンドが示す“柔らかく危険”な拳法と源流 〜呉賢貴・摩文仁賢和・賢三・祖父江利久伝〜 「白鳥」4つの基本形

糸東流開祖・摩文仁賢和が呉賢貴より学んだ白鶴拳。 以後、六段以上の高段者のみに数本ずつ別伝として 伝えられてきたのが、糸東流白鶴拳法の形である。 20 本に及ぶそれらすべての形を修め、現在も研究を重ねる 日本空手道糸東流研武会真武館・祖父江利久師範に、 白鶴拳の基本「白鳥」の形と分解について紹介いただいた。


関連記事:秘伝2022年4月号記事「“柔らかく危険”な秘拳 「空手の源流」を探求!糸東流 白鶴拳」祖父江利久
関連商品:DVD『空手の深淵を知る!秘伝!白鶴拳 【基礎編】入門の型 白鳥』

▶ キーワード検索