HOME > トピックス > 【月刊秘伝】2023年8月号、7月14日(金)発売!

【月刊秘伝】2023年8月号、7月14日(金)発売!

【巻頭】書泉グランデ 店長 石田高康
“趣味人専用書店”のおもしろさ
愛好家たちの求めに応じる棚作りを目指して

【特集】中国四千年の歴史が育んだ“筋肉を超えたカラダ”獲得法
強く 美しく 衰えない
KUNG-FU BODY(カンフーボディ)を作る!

【特別企画】北辰一刀流 六世宗家 小西真円一之
“技の千葉”千葉周作が興し、“幕末の麒麟児”坂本龍馬を輩出した名門
受け継がれる「合理の剣」

【特別企画】内動武術阿吽会 阿久澤稔
身体の「器作り」と「力を溜める技術」
外形と内動の調和!“動けば技となる”武術体

月刊秘伝2023年8月号が好評発売中です! 巻頭の「今月の秘伝なヒト」は、今年1月に書店「書泉グランデ」店長に就任した石田高康氏。専門性の高い品揃えで、マニアたちの要望に応え、知的欲求を刺激してきた本店のの武道・格闘技コーナーの棚を担当し、“趣味人専用書店”として、こだわりのあるお客たちを満足させるために試行錯誤してきた奮闘の歳月を語っていただきました!

そして今号の特集テーマはKUNG-FU BODY(カンフーボディ)! 中国武術に伝わる数々の身体鍛錬法。それは筋力鍛錬を中心とした西洋的トレーニング法とは全く異なる、東洋ならではの真に実用的なカラダを獲得するための叡智の結晶です。四千年という悠久の時の中で磨かれ育まれてきた、“強く、美しく、衰えない”カンフーボディの創り方を徹底紹介!!

まず序章では、身体の「内」と「外」を同時に鍛えることで、年を重ねる度に身体の質を高めていくという、東洋的思想に基づいた中国武術独自の鍛練哲学を紹介しました!

続く第一章では、沖縄の実戦中国武術家として名高い宮平保師に、中国武術における“一撃必殺”のロマンと共に長年神秘のヴェールに覆われてきた 「鉄砂掌」の本質と、その練功法のやり方を示していただきました!

そして第二章では、内家拳、南拳など様々な武術を研鑽するとともに、気功整体院を営み多くの人の身体を診てきた劉湘穂老師に、身体の内側を整え強化する「内功法」を詳しく解説していただきました!

第三章では、日本武術太極拳連盟の選手強化委員会 委員長である孔祥東老師と女子強化指定選手たちに、全身の「筋」と「経絡」を伸ばすことで柔らかく機能的な身体を手に入れる、カンフーストレッチ「圧腿」を解説&実演いただきました!

最後に本特集のトリを飾る第四章は、かつて菩提達摩が嵩山少林寺の僧侶たちに伝えたとされ、呼吸と共に筋や腱を強化することで身体の質そのものを変換させる「易筋経」を総合武道研究会玄武館・岡部武央師が実演紹介!

さらに特集コラムとして、テッド・ウォン師父よりジークンドーの正伝を継いだ松岡ユタカ氏が、ブルース・リーの肉体鍛練法と、そこに秘められた驚異の武術性を明らかにします!

その理念上、中国四千年の歴史が育んだ“筋肉を超えたカラダ”。それは鍛練と養生が一体化した、強さと健康を兼ね備えた肉体であり、生涯を通じて武に取り組める理想的な身体といえるでしょう。

特集の他にも注目記事が続きます。かつて幕末三大道場の一角として隆盛を極め、“技の千葉”と称えられた千葉周作の北辰一刀流玄武館。 かの坂本龍馬も学んだ、この名門中の名門と呼ぶべき古流剣術を現代に継承するのが、玄武館六代目館長 小西真円一之宗家です。 幕末に名を馳せた「合理の剣」──その「今」と「これから」に迫りました!

阿久澤稔代表によって創始された阿吽会では、独自の探究からなる身体のフレーム作りと、その内部から発動される独特な威力を誇る特異なメソッドをもって早20年に及ぶ活動を続けています。そんな阿吽会メソッドが提唱する流派・スタイルを超えた〝術の理合〟を改めてお訊きしました!

武術を通じて、身体操法の極意を探求し続けている身体の求道者・日野晃師。伝統武道の家に生まれ、幼い頃からその技と術を修めてきたと同時に、とても破天荒な経歴も有している、荒木無仁斎直伝尾川流兵法・尾川雅則宗家。その二人が直に触れ合い、語り合いました。両者の言葉と身体の掛け合わせの結果や、いかに。

世界を制した日本拳法家にして、現在はプロレスの舞台で大活躍中の拳王選手が自らのYouTubeチャンネルにて、改めて“日拳”の魅力を確認・発信すべく、日本拳法連盟首席師範・土肥豊師範の下を訪れ行った再修行に密着取材。その模様をお届けします!

“魔法の姿勢本”著者として各界から注目を集めている大橋しん師。大橋師がアレクサンダー・テクニーク教師としての経験や、理学療法士としての医学的知見、また自身の太極拳修行を経て「理学太極拳」を創案した経緯と、その特徴を直撃インタビュー!

去る5月20日(土)、東京都港区、虎ノ門金刀比羅宮にて、「第5回東日本日本古武道交流演武大会」が盛大に開催されました。今回は18流派が出場と、回を重ねる毎に参加団体・参加者は増え、都心の街場にて、古流と老若男女の修練者、観客とをつなぐ、演武と出会いの場となりました!

他にも、廣木道心師の「自他護身を極める」をはじめ、高岡英夫師の「歩道中伝」、大宮司朗師×平上信行師の「合気柔術の歴史と武術の極意」、広沢成山師の「正しい脱力講座」、逆井則男師の「双伝”初見神流”武神館武道の極意」、松田哲博氏の「漱石と寅彦の『相撲の力学』問答」、細川呉港氏の「発見! 田辺又右衛門の口述筆記」、ダニエル・マードン氏の「沖縄空手道場訪問録」、石川徹也師の「槍術の復元・復興」など連載陣も絶好調!

武道・武術の魅力満載の月刊秘伝2023年8月号は、現在好評発売中です。全国の書店、ネット書店、秘伝ウェブショップなどでぜひお求め下さい!

▶ キーワード検索

×
ページトップへ