HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 須一和晃 Suichi Kazuaki – 一心館合気道

須一和晃 Suichi Kazuaki – 一心館合気道

1964年、17歳の時、東京都府中市清水道場にて、富木流合気道に入門。大庭英雄師に師事。
1967年、合気道以前に習っていた空手から、キックボクシングに転向。目黒ジムへ入門、 二ヵ月後(同年11月3日)浅草公会堂にてプロデビュー。
1973年9月~10月、タイ国にてムエタイ修行。
1974年、中野ジムを前会長より引継ぎ、4年間奮闘。その後、ジム関係者に譲り渡して引退。合気道に専念する。
1980年、東京都日野市に富木流合気道の最初の町道場を建設。
1981年、真言密教総本山 京都醍醐寺にて出家(1988年還俗)。
1982年、合気道 溝ノ口田中塾 田中勝比古先生に師事。
1990年、心身浄化一心館合気道、AIKS(アイクス)護身術創設。
1993年、道場建替、キックボクシング、グローブ空手を復活指導。その他合気道、AIKS(アイクス)護身術。
2003年9月から大東流合気柔術 鈴木堅之先生に師事。
2008年。心身浄化一心館合気道、AIKS護身術の普及に専念。
2012年9月から、講道館柔道八段、合気道八段 小林誠先生に師事。





▶ キーワード検索