HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 松葉國正 Matsuba Kunimasa – 國正鍛刀場

松葉國正 Matsuba Kunimasa – 國正鍛刀場

 

1959年生まれ。11歳から剣道を始め、以後、居合、空手道などを学ぶ。作刀を依頼したことがきっかけで1983年、刀匠小林康宏師に入門。その後岡山の兄弟子であった安藤広清師の下で学び、1989年2月、刀匠資格を取得。生まれ育った宮崎県日向市の自宅に鍛刀所を構える。日本美術刀剣保存協会会長賞、薫山賞、寒山賞他、四年連続で特賞第一席獲得等、受賞多数。2014年無鑑査認定。一方で、万生館合気道の砂泊諴秀館長に師事し、20年以上にわたり学ぶ。剣の術理を活かした武道家としても名高く、国内だけにとどまらず欧米を中心に、自身が嗜む合気道や剣術の演武、講演、セミナーなどを勢力的に行っている。

【関連商品】
書籍『“刀”を究めればわかる“武”の練り方』
書籍『日本刀が斬れる理由、美しい理由』




▶ キーワード検索