HOME > 達人・名人・秘伝の師範たち > 稲葉 稔 Inaba Minoru – 明治神宮至誠館

稲葉 稔 Inaba Minoru – 明治神宮至誠館

1944年まれ。東京都出身。合気道八段・鹿島神流。1963年合気会本部道場に入門。1965年鹿島神流第十八代宗家國井善彌に師事、同時期に神道思想家の葦津珍彦より薫陶を受け文武両道を志す。1973年明治神宮武道場至誠館師範となり、1993年-2009年まで第二代至誠館館長を務め、その後名誉師範となる。現在、国内のみならず海外の武道場リーダーに鹿島の太刀・合気道を指導する傍ら、日本精神に関する講演等を行い、武道文化の普及・啓蒙に尽力している。明治神宮至誠館名誉師範、東京大学合気道部師範。





▶ キーワード検索