HOME > 動画&フォトギャラリー > 【注目動画】新隂流・井澤秀雄師範の【剣術の身体操作】。重要な太刀(形)のひとつ・斬釘截鐡(ざんていせってつ)で解説!

【注目動画】新隂流・井澤秀雄師範の【剣術の身体操作】。重要な太刀(形)のひとつ・斬釘截鐡(ざんていせってつ)で解説!

相手を斬るための「太刀筋」には
身体軸と太刀の軌道を一致させなければなりません。

そして相手との截相(きりあい)には
それぞれの身体軸を統合していくことが必要です。

その具体例を「参學圓之太刀・斬釘截鐡」で説明します。


新隂流(しんかげりゅう)とは、剣聖・上泉伊勢守が戦国末期に創始し
第二代・柳生石舟斎の子・宗矩が徳川将軍家師範となることで盛名を確固とした剣術。

日本を代表とする剣術のひとつとして
映画、小説、テレビなどでたびたび扱われることでも有名な武術です。

この剣術の理想は「性自然(自然・自由で活発な働き)」の体現。
しかしながら、ここでいう自然とは「自分勝手な動き」とは違います。

本DVDではその性自然と「転(まろばし:反発のない心身と随敵)」を

・新隂流正統・尾州柳生家の伝承にある「太刀筋(斬るための筋と身体軸)」
・截相(きりあい)ための使太刀と打太刀の「身体軸の統合」

という術理を基に「参學圓之太刀(転の道の象徴である太刀〈形〉)」を中心に丁寧に解説。

一目見ただけでは読み取ることが難しい
形が持つ剣の攻防の意味と動きが良く分かる内容となっています。

・日本を代表する剣術の動きが知りたい
・体と剣の合理的操作を探求したい
・武術における「自由で自然な技」とは何かを学びたい

という方に是非、お勧めしたい内容となっています。


DVD◎【新隂流剣術】参學圓之太刀(さんがくえんのたち)編
指導監修◎井澤秀雄 いざわ ひでお

▶ キーワード検索