HOME > 動画&フォトギャラリー > 葉問派梁相系詠春門「ブルース・リーも苦戦した詠春拳“六點半棍”」

葉問派梁相系詠春門「ブルース・リーも苦戦した詠春拳“六點半棍”」

ブルース・リーが「ワンインチパンチ」などの基礎を築いた、香港の葉問一門に伝えられた詠春拳。細密な手技の連続攻撃で知られた同門には、約3メートルの長大な棒を駆使した「六點半棍」が伝えられている。詠春拳の土台作りに多大な影響を与えるこの長大兵器について、その基本動作とともに、そこから養われる身体操法が生かされた小念頭「上耕手」「下耕手」の練法を、香港の林樹成師傳及びその門下生に示演いただいた。 棒先と手先に生じる振動の共通性を感得していただきたい。


関連記事=「秘伝」2014年4月号特集「長大武器に学ぶ身体革命」

▶ キーワード検索

ページトップへ