HOME > 秘伝資料室 > 円明流術理に潜む”観の目”

円明流術理に潜む”観の目”

掲載号:2012年3月号

武蔵が遺した剣術

春風館道場(柳生新陰流・円明流・尾張還貫流)

現代に遺る武蔵の剣術流儀「円明流」。
そこには武蔵の理念すべてが実在的に詰め込まれている。
本特集の最後は、春風館関東支部の赤羽根龍夫師範に”観の目”が剣術の実技にどのように反映されているのかうかがってみた。
どうしても観念論に終始しがちなテーマながら、「私は技に顕われない事はやりません」と語る赤羽根師範が伝える剣術には、確かに”観の目”という要素が、不可欠なものとして包含されていた。
それは型においてすらも。


書籍『古武術「仙骨操法」のススメ』
書籍『武蔵”無敗”の技法』
DVD『最強の薙刀(なぎなた)入門』

DVD『古武術「仙骨操法」入門』
DVD『分かる!出来る!柳生新陰流 第1巻』
DVD『分かる!出来る!柳生新陰流 第2巻』
DVD『分かる!出来る!柳生新陰流 第3巻』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム