月刊秘伝WEB HOME > フォト&動画ギャラリー > 日置流弓術の手の内"紅葉重ね"─力不用の働きとは!?

動画・フォト別で探す

カテゴリー別で探す

フォト&動画ギャラリー

日置流弓術の手の内"紅葉重ね"─力不用の働きとは!?

MOVIE 古武術/伝統武器術

月刊「秘伝」2019年12月号
【特別企画】浦上同門会・礒部孝会長に訊く!日置流弓術「紅葉重ね」の教えとは!?
http://webhiden.jp/magazine/2019/11/2...

室町時代、日置弾正政次によって確立されたといわれる「日置流弓術」。

徒歩武者が用いた戦場の射法「歩射」に端を発する日置流の中でも、
「貫(貫通力)、中(命中)、久(長きにわたる達成)」にその特徴が集約されるのが 日置流印西派だ。

印西派を伝え広めた浦上栄・博子師範の薫陶を長年受けてきた 礒部孝師に、
日置流独自の手の内「紅葉重ね」について訊ねるべく、
弓道写真家として活躍している奥野浩次氏が直撃取材!

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

即効回復のための「ケガ学入門」

“コンセプト”が間違ってると治るものも治らない!

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

DVD

体の仕組みを使う全介助技術集

力ではなく、使うのは「体の仕組み」です。
ですから「腕力のない女性」でも、大きな人を持ち上げられます。

太極拳推手"超"入門

多くの太極拳愛好家が実は気になること。
健康法だけではない、体の使い方。
演武ではない、武術的な技の使い方。