月刊秘伝WEB HOME > フォト&動画ギャラリー > 日置流弓術の手の内"紅葉重ね"─力不用の働きとは!?

動画・フォト別で探す

カテゴリー別で探す

フォト&動画ギャラリー

日置流弓術の手の内"紅葉重ね"─力不用の働きとは!?

MOVIE 古武術/伝統武器術

月刊「秘伝」2019年12月号
【特別企画】浦上同門会・礒部孝会長に訊く!日置流弓術「紅葉重ね」の教えとは!?
http://webhiden.jp/magazine/2019/11/2...

室町時代、日置弾正政次によって確立されたといわれる「日置流弓術」。

徒歩武者が用いた戦場の射法「歩射」に端を発する日置流の中でも、
「貫(貫通力)、中(命中)、久(長きにわたる達成)」にその特徴が集約されるのが 日置流印西派だ。

印西派を伝え広めた浦上栄・博子師範の薫陶を長年受けてきた 礒部孝師に、
日置流独自の手の内「紅葉重ね」について訊ねるべく、
弓道写真家として活躍している奥野浩次氏が直撃取材!

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

伝統の太極拳

24式太極拳、対人用法、健康法…。
歴史が育んできた武術には色々な潜在的可能性があります。

関トレ入門

書籍・週刊誌で注目され、トレーニング講座はいつも満員!
予約の取れない人気理学療法士・笹川大瑛(ひろひで)先生、初の指導DVDです。