達人・名人・秘伝の師範たち

船越義珍 Funakoshi Gichin - 松濤館

明治元年(1868)、首里山川に生まれる。空手を安里安恒、糸洲安恒に師事。大正5年に京都武徳殿で、大正11年に第1回体育展覧会にて空手を演武し、空手の本土普及の端緒を開いた。その後、各大学の空手部を指導、今日の空手興隆の基礎を築いた。昭和14年、東京に「松濤館」を開設、松濤館流の開祖となる。昭和32年逝去、享年88歳。著書『琉球拳法 唐手』(1922)、『錬膽護身 唐手術』(1925)、『空手道教範』(1935)、『空手入門』(1943)、『空手道一路』(1956)。

※写真協力(一部)◎三田空手会

秘伝2018年8月号「船越義珍と松濤館の空手」

道場情報

松濤館

五十音別で探す

カテゴリー別で探す

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

達人のカラダ作り

高橋佳三教授の【達人のカラダ作り】
あらゆる武術・運動に効くトレーニング法

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道