HOME > 動画&フォトギャラリー > 【注目動画】淺山一傳流・関展秀宗家の【巻き…刀の反りを利用する】。剣術の基本技法の要点を公開!

【注目動画】淺山一傳流・関展秀宗家の【巻き…刀の反りを利用する】。剣術の基本技法の要点を公開!

【巻き】とは刀の反りを利用した、剣の技法。

刃を返し、僅かに斜めに進むことで、
相手の剣に重さを掛け、
さらに刃を逆に返して流すことで、
相手の剣を巻き込みながら、そのまま斬りに繋げます。


天正・慶長年間の武芸者・淺山一傳齋重晨(しげあき)を流祖とする【淺山一傳流兵法】。
江戸時代には一大流派となり、門弟7千人を誇りました。

その特徴は、甲冑兵法(介者剣術)を色濃く残し
戦地に由来する構え・足運び、鎧を着た相手を想定した技が基礎となっていること。

また、明治期の警察が採用したことでも著名な流派で
現在は、剣・棒・杖・居合・鎌・体術など、様々な武技が伝承されています。

本DVDでは、それらの実践的な術理を第二十二世・関展秀(のぶひで)宗家が丁寧に解説。

・武器の形状を最大に利用した…【擦り・巻き】
・防御と攻撃を同時に行う…【二寸五分の影】
・相手との心理戦に踏み込んだ…【戦いの心得】

など、観ただけでは不明な古武道の意味・理由を明快に説明してくれます。

さらに、関宗家は古武道だけではなく
全日本居合道大会・全日本杖道大会ともに優勝複数回、剣道五段という確かな実力者。

ですから術理だけではなく、各種技術も説得力ある表現となっているので
武術を学び・探求する全ての稽古者の方にとって、多いに参考となる内容となっています。


DVD◎【淺山一傳流兵法】戦場の技術を土台とする総合古武道
指導監修◎関展秀 せき のぶひで

▶ キーワード検索