HOME > 秘伝資料室 > 和道流 沖縄伝来の唐手と日本武術の理合との融合

和道流 沖縄伝来の唐手と日本武術の理合との融合

掲載号:2016年1月号

その歴史と技法の要諦に迫る!

和道流空手道連盟

和道流を創始した初代宗家 大塚博紀は、様々な古武術の柔術流派を学んだのち、富名腰(船越)義珍の指導を受け、本部朝基、摩文仁賢和との技術交流の機会を持つ。
そこに、剣術の体捌きの理合も加え、和道流を創り上げていった。
まさに、沖縄伝来の唐手と日本武術の理合とが融合された一大体系である。
その要諦を確かに受け継ぎ、伝え続けてきた二代宗家が平成27年6月、逝去された。
三代 和孝宗家に引き継がれることとなった、和道流の歴史と技法の要諦について聞いた。


月刊秘伝2020年3月号 特集「和道流・神道自然流ー本土で生まれ変わった”体捌き”の空手」
DVD『和道流空手道シリーズ 第1巻』

DVD『和道流空手道シリーズ 第2巻』
DVD『和道流の全てシリーズ 第1巻』
DVD『和道流の全てシリーズ 第2巻』
DVD『和道流柔術拳法』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム