HOME > 秘伝資料室 > 日向国の刀鍛冶武道家 “剣と合気”の武産刀(たけむすかたな)

日向国の刀鍛冶武道家 “剣と合気”の武産刀(たけむすかたな)

掲載号:2016年11月号

試斬十万本! 松葉一路 刀工名「國正」

松葉一路(國正)

“斬鉄剣”小林康宏刀匠の下で学び、現在は、宮崎県日向の地で「武の器」としての日本刀作りに努める松葉國正刀匠。
長年自己所有の竹林で斬ってきた竹の本数はなんと「十万本」!
現代に”斬る”経験をこれほどまでに重ねた刀匠が他にいるだろうか。
合気道や剣術の理合を活かした武道家としても名高い松葉刀匠に、”刀鍛冶武道家”としての作刀と刀法について話をうかがった。

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム