HOME > 秘伝資料室 > 武道からの昇華 日野理論が説く”生きる”技術

武道からの昇華 日野理論が説く”生きる”技術

掲載号:2003年9月号

日野武道研究所所長 日野晃

「秘伝」レギュラー陣として長年貢献いただいている日野武道研究所所長、日野晃師範。師範の独特な武術理論は、何かしらの伝統を受け継ぐ古流のそれでもなく、はたまた現代武道のスポーツ理論とは当然違う、師範独自の昇華を見ている。そんな日野師範の、一つのエポックメイキングともなったのが2003年当時のこの特集。当時、武術的な展開としては、武神館武道の初見良昭宗家との長年の親交に加え、早世した天才として知られる「胴体力」提唱者の故伊藤昇師との邂逅、ダンス界との世界的なつながり、等々、新たな日野理論の世界が拡がった時期と言って良いだろう。現在につながる日野理論の原点、その中で特に身体操作に焦点を当てたpart3「胸骨の操作が身体のレベルを変える」をピックアップ。


関連商品

書籍『武学入門〈新装改訂版〉』

DVD『武道の解答

DVD『日野晃『対人技の真髄』 “関係性”の基本を知る

DVD『日野晃の武学シリーズ 武学 全3巻

DVD『日野晃の影伝シリーズ 影伝 全3巻

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム