月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > 相撲の攻防にみる武道の原点

カテゴリー別で探す

秘伝アーカイブ

相撲の攻防にみる武道の原点

柔術/体術 現代武道 2007年12月号

“バランスの芸術”相撲技の静と動

取材協力:立教大学体育会相撲部

2016年2月号の特集は「日本の底力"大相撲"」。月刊秘伝では、2007年12月号においても「蘇る相撲の力」と題して相撲を特集で取り上げている。その中から、「相撲の攻防にみる武道の原点」をアーカイブ記事として掲載!
相撲の技と言えば「四十八手」。それも実際には、八十手余りの技が相撲にはあるという。しかし、それらはあくまで「決まり手」であり、相撲の攻防を成り立たせる技法は、もっと別のところにあるという。極めてシンプルな戦いの中に出現する、静と動のバランス。そこに、相撲が堅持する「武道の原点」が見えてきた。


秘伝2016年2月号

DVD『腰力を強化し、股関節を柔軟にする 四股踏みトレーニング』

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。