HOME > トピックス > 【月刊秘伝】2022年12月号、11月14日(火)発売!

【月刊秘伝】2022年12月号、11月14日(火)発売!

【巻頭】大東流合気柔術木山会 ロイ・ゴールドバーグ
異国の師範が憂う日本武道の未来「開かれた合気」

【特集】[琉球〜本土〜世界を巡る] 100年後の海南神技“沖縄空手”という奇跡!

【注目記事1】太極会・堀仁彦
陳式心意混元太極拳「混元球と纏絲内功」

【注目記事2】田春陽老師
西北武林の雄・馬賢達が伝えた 「名門・ 通備門の発勁」

月刊秘伝2022年12月号が好評発売中です! 巻頭の「今月の秘伝なヒト」は、元幸道会教授代理、七段位にして「大東流合気柔術秘奥義之事」の巻物まで授けられたロイ・ゴールドバーグ師。コネチカット州に居を定め、大東流の普及 発展に尽力するゴールドバーグ師の目指すところを訊きました!

そして今号は久々の「沖縄空手」特集! 沖縄復帰50周年、船越義珍による空手本土普及100周年、琉球処分150周年。数々の歴史の節目が重なったこのメモリアルイヤーに、沖縄人の魂と呼ぶべき身体文化遺産である空手の過去から現在、そして未来までを見通します! 東京オリンピックで世界的な競技として認知された、空手の真にあるべき姿とは? 第2回沖縄空手世界大会をはじめとする、沖縄空手の最新情報から古来の術技まで、空手のオリジンたちが今に受け継ぐ熱き伝統の息吹を、聖地沖縄より直送しました!

まず序章では序章では、空手研究家にして、8月に開催された第2回沖縄空手世界大会で「那覇手系シニア男子」の部門で優勝した嘉手苅徹氏に、沖縄空手の歴史とともに、未来への展望を示してもらいました!

続く第一章では、第2回 沖縄空手世界大会2022における大会参加選手たちの激闘絵巻と、大会後に開催された達人セミナーの盛況模様を、現地沖縄より徹底レポートでお届けします!

そして第二章は道場訪問コラボ! そのパート1では、沖縄の実戦中国武術家・宮平保師が沖縄空手界きっての実戦派として名を馳せた上原恒館長の遺した直心館道場を訪問し、その後継者である宮里信光師と沖縄空手×中国武術対談を繰り広げます!

道場訪問コラボ・パート2では、松濤館流の空手家にして理学療法士でもあるダニエル・マードン氏が、上地流範士九段・桃原慶長師の泡瀬水明館を訪問!  沖縄空手界の重鎮と青い目の空手家による日仏空手対談は、まさに必見!

最後に本特集のトリを飾る第三章は沖縄武女子インタビュー! 第2回沖縄空手世界大会にて「古武道(棒)」の部で見事金賞に輝いた平良美奈子師に、琉球古武道の魅力、そして沖縄武女子としての矜持を語っていただきました!

沖縄空手の尽きせぬ魅力に迫った本特集。海南神技は今もまだ彼の地に脈々と受け継がれ、時代と共に発展しつつ、世界に向けて大きく羽ばたこうとしています!

特集の他にも注目記事が続きます。名人・陳発科の直系となる陳式太極拳第十二代伝人、また陳発科が心意拳の胡耀貞とともに創った陳式心意混元太極拳第三代伝人である太極会・堀仁彦老師。 この度、堀老師が師事した伝説の実戦太極拳家・馮志強老師より伝承されし“内功武術としての太極拳”とその精髄について伺いました!

八極拳・劈掛拳・翻子拳・戳脚という四つの門派を統合し、達人・馬賢達を輩出した中国・西北武林の名門、馬家伝統の「通備門」。その薫陶を、武術エリートが集う西安武術学院で受けた田春陽老師が、自ら提唱する“武道元”理論に基づいて分析する、激発なる身法とそこから生み出される発勁の威力とは!?

中澤流と中澤蘇伯。多くの読者にとって 聞き慣れないであろうこの名前ですが、大正から昭和初期にかけて、本邦における 「護身術」の嚆矢として勇名を馳せた流儀です。そんな中澤流の実態について今回、奇しくも第四代を継承された国際水月塾武術協会の小佐野淳会長にご寄稿いただきました!

本年9月24日(土)、神道夢想流杖心会主宰・松井健二師範が逝去されました。神道夢想流杖術を端緒とし、剣術や体術、さらには古神道まで数多の流儀を修め、その集大成として天真無双流兵法を創始。その生き様と人柄は古武術のみならず、中国武術や現代武道、宗教家まで、様々なジャンルの一流人たちから厚い信望を集めた。この偉大なる武の探求者が遺した功績を、今一度ここに振り返ります。

日本武道学舎を主宰し、効率の良い身体の使い方を研究・指導する吉田始史師範が今回提唱するのは「背中を意識する」ことの重要性です。自身の体の前面を「虚」にして、背骨のラインから動きを生み出すことで、強く安定した身体操作となる。背中を意識することで生まれる動きの変化を感じてみてください!

他にも、広沢成山師の「正しい脱力講座」、岡崎寛人師の「武で出会い、武を深める」、逆井則男師の「双伝”初見神流”武神館武道の極意」、松田哲博氏の「漱石と寅彦の『相撲の力学』問答」、細川呉港氏の「発見! 田辺又右衛門の口述筆記」、高橋賢師の「“日本柔術”新研究」、岡部武央師の「交差法真伝」、松岡ユタカ氏の「ジークンドーの真実」、石川徹也師の「槍術の復元・復興」、グリゴリス・ミリアレシス氏の「世界の古武道通信!」など連載陣も絶好調! 日野晃師、高岡英夫師らお馴染みの師範たちの連載も当然必見です!

武道・武術の魅力満載の月刊秘伝2022年12月号は、現在好評発売中です。全国の書店、ネット書店、秘伝ウェブショップなどでぜひお求め下さい!

▶ キーワード検索

ページトップへ