HOME > 秘伝資料室 > 戦後居合道の歩みと名門・英信流の矜持

戦後居合道の歩みと名門・英信流の矜持

掲載号:2009年11月号

無双直伝英信流居合 江坂静厳

戦後の居合道の復興にいち早く着手したのが、無双直伝英信流正統第二十代宗家の河野百錬師範を中心にして設立された全日本居合道連盟であった。その後、紆余曲折を経ながら現在も同団体は脈々と受け継がれている。
全居連副会長を務める江坂静厳師範が、河野師範、そしてその次代を担った福井虎雄師範から受けた薫陶とはいかなるものであったのか?


関連商品:『無雙直傳英信流居合道入門』江坂靜嚴

 

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン

はじめての方
無料登録

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム