HOME > 秘伝資料室 > 実戦に裏打ちされた 合気道の理合を活かす

実戦に裏打ちされた 合気道の理合を活かす

掲載号:2011年4月号

養神館合気道孝道会 弘武館道場 中島孝雄

“実戦合気道”の代名詞的存在であり、現在も警視庁に採用される養神館合気道。かつて”地獄道場” の異名を冠して、故・塩田剛三館長の厳しい薫陶が実践された本部専修生を経た中島孝雄師範は、実際の犯罪現場で合気道を活かしながら、やがてその深奥にある理合の数々に気がつき、現在、後進の指導にあたっている。その探究の一端を御紹介いただいた。

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム