HOME > 秘伝資料室 > 関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く “足挫き=足がらみ”という解

関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く “足挫き=足がらみ”という解

掲載号:2007年7月号

「竹内流備中伝」新風館

2016年5月号(4月14日発売)の特集は「日本伝体術の世界ーー柔術」。そのなかで、”柔術の父”として、今なお、誕生の地・岡山の山間深くで錬磨研鑽されている竹内流捕手腰廻を取り上げた。
今回、「月刊秘伝」のバックナンバーから、2007年7月号の「備中伝竹内流」の記事を紹介する。周辺地域はもちろん、日本各地にその影響を見ることができる名門中の名門流儀は、講道館の関西進出においても、やはり無視できない存在だった。その一系統に伝えられる寝業体系に、その足関節技があった! ”関西の古流柔術がなぜ寝業に強いのか?” その答えは……?


秘伝2016年5月号

“足挫き=足がらみ”という解’,’value’: ‘1’});”>本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム