HOME > 秘伝資料室 > “後発先至”の実戦術理

“後発先至”の実戦術理

掲載号:2018年11月号

嫡流真伝中国正派拳法が継ぐ「日中融合」の交差法

総合武道研究会 玄武館会長 岡部武央

攻防一体を極めた交差法は、あらゆる武道・武術で研鑽されてきた最高等技術の一つだが、それを流儀の根幹として徹底的に追求した実戦拳法の存在を知っているだろうか?
昭和が生んだ伝説的武人・櫻公路一顱が、数々の日本武道と中国武術のエッセンスを融合して創り上げた「嫡流真伝中国正派拳法」。
その”後発先至”の実戦術理を若き継承者である岡部武央師範が示す!


書籍『武術で勝つ! 瞑想法』
DVD『内なる力で戦う』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム