HOME > 秘伝資料室 > “脱力する体”を稽古で作る!

“脱力する体”を稽古で作る!

掲載号:2016年12月号

「重力を活かす」「ぶつからない」「繋がりを捕らえる」

八光流柔術豊和会 広沢成山

「八光流柔術 豊和会」を主宰する広沢成山師範の指導は、武道・武術をやっている人にはもちろん、そうでない人にとっても、とてもわかりやすく、良い体の使い方を教えてくれるものである。
そこには、「どうしたら力を抜いて技がかけられるのか?」ということについての秘訣があった。
今回の取材では、「重力を活かす」「相手の力とぶつからない」「繋がる感覚を捕らえる」という観点から、自然と脱力できる体作りのコツを聞いた。


書籍『脱力のプロが書いた!「動き」の新発見』
書籍『「肩の力」を抜く!』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム