HOME > 秘伝資料室 > 鄭子太極拳にみる、 氣から「勁」への発展

鄭子太極拳にみる、 氣から「勁」への発展

掲載号:2013年10月号

スコット・メレディス 鄭子太極拳

中国で生まれ発展し、今や世界中で広く学ばれている太極拳。その普及過程において、太極拳の「論理と実践」についての見方は、様々に変貌を遂げてきた。とはいえ、「勁」の武術としての機能は、どこにおいても誰でも体験できる”本質的なもの”であるはず。本章では、アメリカにおける「太極拳の父」とも呼べる鄭曼青師の高弟、ベンジャミン・ロー師から、サンフランシスコで長く鄭子太極拳を学んだスコット・メレディス師に、「氣と勁」の概念と展開について、鄭曼青師の見解から論考していただいた。


関連商品:書籍『太極拳パワー』

書籍『太極拳「掤勁(ポンケイ)」養成法』
DVD『これが太極拳・掤勁(ポンケイ)だ!』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム