月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【月刊秘伝】2021年9月号、8月12日(木)に発売!

秘伝トピックス

【月刊秘伝】2021年9月号、8月12日(木)に発売!

ニュース

【巻頭】歌人・小島なお氏インタビュー
短歌の韻律と居合のしらべ 刀の間合いで世界を詠う!

【特集】万古不易の身体開発法
"呼吸"と"動作"で身体の飛躍的変革!

【注目記事1】太氣至誠拳法 武禅会・松井欧時朗
太気拳の探求が気づかせた身体原理が生み出す「力」

【注目記事2】炎の"特級" 日本刀伝道師 ポール・マーティン
刀剣の橋を架ける人

月刊秘伝2021年9月号が、8月12日(木)に発売されます。
th_小島なお氏扉頁加工.jpg
巻頭の「今月の秘伝なヒト!」は、注目の現代歌人として活躍するとともに、無雙直傳英信流を修める小島なお氏へのインタビュー。「五七五七七」の韻律とともに千三百年もの歴史がある短歌の世界。古伝の座技、立技と、多くの形を現代に伝える無雙直傳英信流。ともに型(形)の中で表されてきた「短歌と居合」の"こころ"について、歌人にして居合歴4年半の小島氏にお話を伺いました。

特集は、「万古不易の身体開発法 "呼吸"と"動作"で身体の飛躍的変革!」です。本特集では、数ある鍛錬法の中から、肥田式強健術や真向法、さらには、ヨーガや太極拳に基づいたトレーニング法を、長年その鍛錬法を修めてきた師範たちに紹介いただくとともに、胴体力について解析するコラムも併載しました。武道やスポーツの動きにおいて、より高みを目指す人はもちろん、日常動作の質を向上させたい人も、ぜひご覧ください。"呼吸"と"動作"を用いた修練が、身体を根本から変えていく!
th_田中幽月肥田春充.jpg特集第1章は肥田式強健術。創始者・肥田春充は、「天寵無限」という言葉を好んで揮毫したといいます。天の寵(めぐ)みを受けて活かすという肥田式強健術の根本の考え方が含まれている言葉です。「聖中心道肥田式強健術 鍛錬会」の田中幽月師に、その自然の力を活かした呼吸操練法や鍛錬術の幾つかを紹介いただきました。
th_佐藤雅樹師1.jpg「虚霊頂勁」や「尾閭中正」など、太極拳の要訣を守った修行の末に辿り着く境地。その時、身体の中では何が起こっているのだろうか......。特集第2章では、中国武術家としての観点から独自の身体論をCGアニメーションなども活用しながら発信している佐藤雅樹師が、太極拳の武術と健身における「奥義」とその養成法について紹介します!
th_中井小野対談1.jpg日本におけるブラジリアン柔術の第一人者・中井祐樹師範が「自らの基礎」と絶賛し、合気道開祖・植芝盛平も取り入れた身体開発メソッド、真向法。特集第3章では、SNSでの書き込みに端を発して四十年の時を経て実現した、中井師と真向法協会の小野将広師による特別対談を通じ、四つの体操でしなやかな動きを作る、真向法の驚異的にして普遍的な効能と魅力に迫る!
th_創始者伊藤昇師1.jpg伊藤昇師が創始した胴体力は、武道家、ダンサー、アスリートといった、身体を用いる様々なジャンルのプロたちによって、トレーニングの中に取り入れらてきました。特集コラムとして、この身体開発メソッドを、動体学の河野智聖師に、胴体力を実際に体験した経験を踏まえた解析とともに、胴体力が身体開発の世界において担ってきた役割と功績についてまとめてもらいました。
th_成瀬雅春師2.jpg特集最終章では、ヨーガ行者の王・成瀬雅春師に、師自身が長年実践してきたヨーガの修行の数々の中から、運動の土台をつくり、集中力や意識力を高める鍛錬法、及び呼吸法を紹介いただきました。意識を働かせ、身体と対話しながら行う日々の鍛錬が、身体操作の達人をつくりあげます。身体能力を押し拡げる極意は基本的な行にこそ在る!

特集以外にも注目記事が続きます。

th_岡部武央師2020年8月号巻頭.jpg◎2020年8月号から2021年7月号まで、全12回でお送りした岡部武央師の好評連載「瞑想で強くなる!」。今回はその特別編として、道場やジムではなく、自然に囲まれた環境で武を練る「野稽古」で研ぎ澄まされる身体感覚を、岡部師の修行体験と共に語っていただきました。
th_長谷川智師巻頭1.jpg◎修験道は、古来より神聖なる山を行き来し、その過酷な環境において行を行うことで、身心を向上させる智慧を創り上げてきました。"修験道の智慧"を、羽黒派古修験道先達の長谷川智師による連載にて、昨年まで2年間にわたり紹介してきました。今回、長谷川師が新たに深い気付きを得た内容も加味して、修験道の智慧を活かしたワークを紹介するとともに、"懺悔する"ことによる身心への効果を語ってもらいました。
th_定理表紙1.jpg◎漫画家である篠房六郎氏が約2年間をかけて完成させた、人体動作のあらゆる場面を切り取って描く為の画期的な手引き書『ポーズの定理』。そこには、身体動作に対する新たな視点が多く含まれている。全800頁という大著の中から、今回は篠房氏が気づき、整理した、いくつかの原理について、お話をお訊きし、考察してみました。
th_松井欧時朗師扉頁.jpg◎創始者・澤井健一宗師をはじめ、今やレジェンドと呼べる様々な達人、名人を世に送り出してきた通称「太気拳」こと太氣至誠拳法。太気拳では現在も多くの新しい人材が日々、その深奥を極めるべく努力を重ねている。その中でも新進気鋭の師範として、独自の理論構築に至った太氣至誠拳法 武禅会の松井欧時朗師範。今回、改めて師が修業の過程で"気づいた"、太気拳で養い得る「力」について、まとめていただきました。
th_失われた戦場の華槍術の復元復興第二回.jpg◎今は失われた日本槍術流儀の技法の復元・復興を試みる、全日本槍術連盟、石川哲也代表による短期集中隔月連載。前回に引き続き、「2間柄」を基本とする"突身"鍵槍の代表格として、全国諸藩で稽古された名流儀「本心鏡智流槍術」について、後編ではその技術を考察します。
th_日本刀伝道師扉頁.jpg◎外国人初の刀剣鑑定会優勝に輝くなど凄腕の刀剣研究家として活躍するポール・マーティン氏。古流剣術や居合も修めるなど、使い手としても日本刀に通じ、その魅力を世界に発信しているマーティン師に、自身が手がける注目の「竈門炭治郎リアル日輪刀自作プロジェクト」の紹介とともに、お話を伺いました。
th_GreatJourney中師範.jpg◎時空を超え、空手の源流を辿る壮大なるドキュメント、『GREAT JOURNEY OF KARATE』。8〜9月の2ヶ月にわたり、その特別編が日本映画専門チャンネルで放送されるのに先立ち、本作に出演された中達也師範に、その見所を語っていただきました!
th_山崎真吾師扉頁.jpg◎日本古来の武道的身体操法を主軸に、近代トレーニング理論や西洋医学を学んだ経験を統合し、山崎真吾師が開発した「和の身体技術」。それを療術として応用し、身体をストレスのない状態に導くことで、カラダ本来の自然治癒力を取り戻す「芯伝整体」。今回はその画期的な術理の実際を、迫真の体験レポートでお届けします!
th_小沢隆主席師範.jpg◎全ての身体運動の原点ともいえる「歩行」。人類にとっての普遍的な歩き方を追求し、その歩行メソッドを武道修行の体系に組み込んでいる名門道場「禅道会」。長野県高森町の道場を訪れ、禅道会・小沢隆主席師範に、歩行がもたらす打撃から寝技・組技にまで共通する、武道の実践に活きる身体操法について、紹介いただきました。

そして、◎日野晃師による"武道"的エッセイ「武道者徒歩記」、◎真北斐図師範が"十牛図"の流れとともに様々な瞑想法を紹介する「十牛図と瞑想法」、◎鍼灸師の宮下宗三氏が過去の医学書群から現代に効く養生法を示す「温故知新養生法」、◎黒田鉄山師による直問直答「鉄山に訊け」、◎高岡英夫師が開発した「歩道」を解き明かす「歩きで鍛える"歩道"入門」、◎初見良昭宗家より二流派の家元を相伝した逆井則男師範の「"双伝!初見神流"──武神館武道の極意」、◎家伝の卜傳流剣術を伝承する小山隆秀師範による古流剣術稽古譚「ツガルの剣」、◎現代を生き抜く智恵をニンジャの術と心に学ぶ山田雄司氏の「忍の細道」、◎刀剣ジャーナリスト・土子民夫氏による「戦後日本刀事件史」、◎武道ライター・ミリアレシス氏が世界の道場を紹介する「世界の古武道道場通信!」、◎古武術研究家・高橋賢師が迫る古流柔術の謎とロマン「"日本柔術師"新研究」など、大好評の連載陣も必見です!

内容充実の「月刊秘伝2021年9月号」は、いつもより2日早い8月12日(木)の発売です。全国の書店、ネット書店、秘伝ウェブショップなどでお求め下さい。

  • スポーツ庁アンケート$
  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$
  • BUDO JAPAN$

BOOK

四股鍛錬で作る達人

力士は四股だけでとてつもなく強くなる!
その特別な理由とは!?

護道の完成

福祉現場でのパニック対応で磨かれた
“傷つけず収める”術理!

DVD

切り下ろすがごとし!隼の合気道

“放したくても離れない手”の原理を遂に公開!
塩田合気の真髄!【剣の理合】を体で現す!!

護道・廣木道心 武の達人

武道武術の神技を徹底解明!
達人技の共通点と仕組みが実用レベルで分かる、使える

超肩甲骨はがし

肩こり・猫背・五十肩に効く驚きの超実践的テクニック