HOME > トピックス > 力の絶対否定から始まる、古武術の稽古法。 1/20発売

力の絶対否定から始まる、古武術の稽古法。 1/20発売

極意の理論に集中するための訓練法
黒田一門で行われる遊び稽古を丁寧に紹介

wd_KUR_17Da(139.jpg「力ではたどり着くことの出来ない世界に、術は存在しております(黒田鉄山師範)」。
人は動く以上、何らかの筋肉を使うので、絶対否定とは「現実にはあり得ない言葉」と断わりつつ「日常の体の使い方では、筋肉の働きが武術に転換しない」と黒田師範は説きます。
この至上命題の元、各種型に含まれる極意の理論をより単純な動きにして学ぶのが遊び稽古。稽古者の動きを聞き分けるパートナーが付くので、「起こり」や「力のぶつかり」が出ると直ぐに分かります。非常に繊細な訓練ですが、海外のご門人も主旨をキチンと理解している様を拝見すると「武術的身体文化は国境を越えて受け入れられる」と嬉しく感じました。


関連動画→「型をシンプルにしてエッセンスを学ぶ!黒田鉄山が伝える振武舘式集中稽古法「遊び稽古」の極意」
DVD『技を極める遊び稽古振武舘式集中稽古法』

17D4a.jpg17D4b.jpg17D4c.jpg17D4d.jpg17D4e.jpg

▶ キーワード検索


月刊秘伝2022年10月号

2022年9月14日 発売

注文する 定期購読
ページトップへ