HOME > 秘伝資料室 > 自然であること・普遍であること

自然であること・普遍であること

掲載号:2013年6月号

特別対談
ミカエル・リャブコ×日野晃

2007年初来日セミナーの際、ミカエル・リャブコ師と日野晃師は会場で偶然出会う。本対談は、それから6年後の2013年、システマの東京セミナー後に両師が再び相見えた時のものである。6年という時間の経過とともに、システマとその四大原則「リラックス・姿勢・呼吸・動き続ける」は広く世に知られることとなったが、ミカエル師の経験と言葉で語られる四大原則は、あまりにも当たり前で自然なものであった。対談本文とそれに続く日野師の対談後記を読めば、ミカエル師とシステマの依って立つところが鮮明に浮かび上がっていくる。
「月刊秘伝」誌上で連載していた原稿を基に、加筆も加えた新刊『考えるな、体にきけ!』を2016年8月に刊行する日野師。そして、「月刊秘伝」2016年9月号にて、日本における11年の年月を特集された「ジャパニーズ・システマ」。その根っこに居続けるミカエルという存在。いまなお進化を続ける両者の邂逅、その内容やいかに!


「月刊秘伝」2016年9月号

書籍『考えるな、体にきけ!』

書籍『武学入門〈新装改訂版〉』

DVD『武道の解答』

DVD『日野晃『対人技の真髄』 “関係性”の基本を知る」

DVD『日野晃の武学シリーズ 武学 全3巻』

DVD『日野晃の影伝シリーズ 影伝 全3巻』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム