HOME > 秘伝資料室 > 「弱さ」が気付かせた現代の”鞘の内”=自他護身

「弱さ」が気付かせた現代の”鞘の内”=自他護身

掲載号:2014年1月号

 

自他ともに傷つけない覚悟と術理

護道・廣木道心宗家

護道宗家・廣木道心師範が、若かりし日に追い求めたのは、相手を打ち倒す「強さ」であった。
しかし、そういった「強さへの憧れ」は、自分の「弱さ」から生み出されたものである、と気付いたという。
武術の術理を理解することによって、不必要な恐怖感を抱かずに、自身の心をコントロールして引き分ける。
つまり、自分の「弱さ」を冷徹に見つめることによって、自他ともに傷つけない「自他護身」を実現する。
それこそが、今、廣木師範が目指す「強さ」である。


◎DVD『武の達人』
◎書籍『護道の完成』

本記事(PDF)を閲覧する

記事を閲覧するにはログインしてください。

▶ キーワード検索

「秘伝資料室」無料ユーザー登録

秘伝資料室のユーザー登録をご希望の方は
こちらのフォームからご登録下さい。

ユーザー登録フォーム