月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【月刊秘伝】2020年2月号、1月14日(火)発売!

秘伝トピックス

【月刊秘伝】2020年2月号、1月14日(火)発売!

特別記事 剣術/居合/刀剣

【巻頭】振武舘・黒田鉄山×ビリヤード・プロ大井直幸
ビリヤードトッププロが出会った"消える"サムライの術技
【特集】サムライと刀匠の魂宿る"奇跡の鋼(はがね)"
日本刀─"用の美"に迫る目利たち
【特別企画】やまと武芸 心道 河野智聖
身体運用の法則を腰椎から解き明かす「動体学」


新年一発目! 秘伝2月号が1月14日(火)発売となります!!

巻頭記事では、当代最高峰とも謳われる武の体現者・黒田鉄山と、日本ビリヤード界のトッププレイヤー・大井直幸プロの異色対談が実現! ジャンルは違えどその道で一流と呼ばれる領域まで己を高めた者たちには必ず相通じる"達人の極意"が存在します。黒田鉄山師が体現するサムライの"消える動き"が、大井プロを通じて「世界のビリヤード界を震撼させる!」なんて日が来ることを思わず想像してしまいます。
ht202_JQ7A1698.jpg
本号の特集は「サムライと刀匠の魂宿る"奇跡の鋼" 日本刀─"用の美"に迫る目利たち」です。いつの時代も武士は刀剣に、自らの技術と命、そして信念を託しうる"用の美"を感じ取っていたはずです。本特集では、刀匠、鑑定家、武術家という、刀剣の"用の美"を知る現代の目利たちが、日本刀の斬味、品質、美しさ、刀法を吟味し、サムライと刀匠の魂宿る、日本刀の深奥に迫ります!
ht202_刀身表裏全景.jpg
ht202_起正 (2).jpg刀剣の進化と系譜を武の歴史から総覧する序章から始まり、第一章では刀剣ジャーナリストの土子民夫氏に、廃滅寸前の日本刀を蘇らせた「"異端"の現代刀匠たち」を紹介いただきました。新々刀期と現代刀期の間をつなぎ、今日では必ずしも正統とは認知されてずとも、人知れず"古来の伝統"を担った刀匠たちの挑戦と困難に満ちた物語は必見です。

続く、第二章では本阿弥光遜直系、舌鋒鋭い刀剣研究会講師として活躍する中原信夫氏に、「日本刀鑑定の歴史」について紹介いただきました。刀剣の歴史とともに、古くから行われてきた鑑定。そこで第一に吟味されたのは「斬味(きれあじ)」でした。時代が降り、刀工の真偽、刀剣鑑定に秀でた本阿弥家の人たちの台頭、江戸時代には試斬で著名な山田浅(朝)右衛門といった鑑定の目利たちが登場する、鑑定の歴史を大紹介!

ht202_IMGP8665.jpg第三章では、現代における「真剣武士道」を提唱し、流儀流派を問わず「真剣で斬る」技と心を伝えている斬法総合研究所・後藤健太師に、サムライの真剣刀法についてご指南いただきました。日本刀とは本来画一的な工業製品とは全く異なる"一点物"。本章では、後藤師が「斬法(きほう)」と名付けた"刀の個性"に身を沿わせた真剣で斬る技法を、腰反り・中反り・先反り・直刀といった時代も姿も様々な真剣を用いてご紹介いただきました。

ht202_JQ7A8607.jpg第四章では、年に一度の国内最大級というべき日本刀の祭典「大刀剣市」を、砲術家にして日本唯一の火縄銃修復職人である内兼房師(森重流砲術)と、 外国人武術家のフィリップ師(柳生心眼流)とその門弟たち一行が大刀剣市を巡り歩く模様をレポート!思わず見惚れるほどの名刀の数々から、見事な拵えの短刀、火縄銃から甲冑まで、日本とオーストラリアの"もののふ"たちの眼に映る武具の"用の美"とは!? 名品居並ぶ「大刀剣市」は、武術家武道家なら足を運ぶ価値大です!
ht202_相伝刀.jpg

そして本特集のコラムでは、書籍『真説"戦う日本刀"』の著者である大村紀征氏春風館道場/赤羽根龍夫師範・赤羽根大介師範天道流薙刀術・木村恭子宗家、それぞれが所蔵する"我が一振り"についてのエピソートと想いを語っていただきました。
ht202_JQ7A5961.jpght202_JQ7A5946.jpg


特集以外にも注目記事が盛り沢山!

整体武術「心道」の創始者 河野智聖が提唱する身体運用法「動体学」。腰椎から人体の運動特性を五種類に分類し体系化、武術、スポーツを問わず、あらゆるジャンルに応用可能な幅広さを持つ身体メソッドを河野師自ら大紹介! 本メソッドで失われた日本人本来の能力「日本人力」が呼び覚まされます。
ドイツ合気会創始者・浅井勝昭師範の特別講習会を体験レポート! 13歳で合気会本部道場に入門し、植芝盛平翁の薫陶を受け、ドイツに渡り苦労の上に確立した指導法と、盛平翁直伝技法が紹介された本講習会。剣を想定した合気技法─半身の作り方と囚われない意識が明確な形で示されます。
国際明武舘剛柔流空手道連盟・八木明達宗家 東京セミナーを本誌お馴染みのギリシャ人武道ライター・ミリアレシス氏が直撃レポート! 沖縄空手の名門・明武舘が伝える、護身を本領とする古伝の剛柔流、明達宗家が語る明武舘の歴史、ご子息の明人師範が示す剛と柔を兼ね備えた空手技法とその稽古、"自由組手"のないオリジナルな空手に、ミリアレシス氏も大感銘。

ht202_76_01.jpght202_82_01.jpght202_88_01_03.jpg

さらに必見の記事が勢揃い!!

ht202_IMGP7296.jpg古伝体術心水会・中野由哲師範が解き明かす「型稽古の意味」。「一人稽古」で培う内面力─"身体内部に養われるエネルギーの流れ"とは!?
◎ハワイ在住の注目の武術家、レイモンド・カーブリド師が示した「龍形・蛇形八卦掌"Vortex(渦)"の力とは!?
ht202_864+.jpg◎ギタリスト・スペインギター研究家である吉住和宏氏が、音楽と武道に共通する真髄を紹介!「勁力で弾く!」
◎武術史研究家・福岡雅巳師による「韓国忠州世界武術祝祭・世界武芸マスターシップ観覧記」
◎連載「意識のホームポジション」身体論者・藤本靖×マイムアーティス・JIDAI特別コラボレーション「マイムに学ぶ「エモーション」から"ゾーン"への道筋!
日本武道学舎・吉田始史師範が解き明かす人体の構造からみる"動きの中心点"「骨格構造と"丹田"の関係性 



そして、◎今野敏「探究! チャンミーグヮーの手(ティー)」、◎山田雄司「忍の細道」、◎真北斐図「図形と武術」、◎修武堂・小山隆秀「ツガルの剣」、◎池本淳一「中国伝統武器の手触り」、◎長谷川智「"修験道"是即ち身心向上」、◎高岡英夫師創始「総合呼吸法が導く呼吸の達人 第三教程編」、◎日野晃師「武道者徒歩記」、そして本号でついに最終回を迎える◎那嵯涼介「What is CATCH-AS-CATCH-CAN?」(※お見逃しなく!)など、大好評の連載陣も必見です!


内容充実の「月刊秘伝2月号」は、1月14日(火)の発売です。全国の書店、ネット書店、秘伝ウェブショップなどでお求め下さい。

  • SP:BUDO JAPAN$
  • SP:電子書籍$

BOOK

「動き」の天才になる!

力みなく、エネルギーを通す、
最大効率の身体動作を学ぶ

柔らかい空手

水のごとき“柔らかさ”!
水風船のごとき全身連動!!

DVD

首里手・泊手のナイハンチ

那覇手剛柔流空手で解く【首里手・泊手のナイハンチ】
実戦の勇・本部朝基に見る沖縄空手の超接近技法

古武術は美しい

表裏が一体となった技
合理性を追究した、身体の芸術を身につける