月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > 関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く
"足挫き=足がらみ"という解

秘伝アーカイブ

関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く
"足挫き=足がらみ"という解

古武術/伝統武器術 柔術/体術 2007年7月号

「竹内流備中伝」新風館

2016年5月号(4月14日発売)の特集は「日本伝体術の世界ーー柔術」。そのなかで、"柔術の父"として、今なお、誕生の地・岡山の山間深くで錬磨研鑽されている竹内流捕手腰廻を取り上げた。
今回、「月刊秘伝」のバックナンバーから、2007年7月号の「備中伝竹内流」の記事を紹介する。周辺地域はもちろん、日本各地にその影響を見ることができる名門中の名門流儀は、講道館の関西進出においても、やはり無視できない存在だった。その一系統に伝えられる寝業体系に、その足関節技があった! "関西の古流柔術がなぜ寝業に強いのか?" その答えは......?


秘伝2016年5月号

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

カテゴリー別で探す

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道

シコトレ入門

強靱な力士の伝統的鍛錬法で
強く、ケガをしない体を作りましょう