月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > 関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く
"足挫き=足がらみ"という解

カテゴリー別で探す

秘伝アーカイブ

関西柔術界のカギを握る竹内流(備中伝)の寝技体系が導く
"足挫き=足がらみ"という解

古武術/伝統武器術 柔術/体術 2007年7月号

「竹内流備中伝」新風館

2016年5月号(4月14日発売)の特集は「日本伝体術の世界ーー柔術」。そのなかで、"柔術の父"として、今なお、誕生の地・岡山の山間深くで錬磨研鑽されている竹内流捕手腰廻を取り上げた。
今回、「月刊秘伝」のバックナンバーから、2007年7月号の「備中伝竹内流」の記事を紹介する。周辺地域はもちろん、日本各地にその影響を見ることができる名門中の名門流儀は、講道館の関西進出においても、やはり無視できない存在だった。その一系統に伝えられる寝業体系に、その足関節技があった! "関西の古流柔術がなぜ寝業に強いのか?" その答えは......?


秘伝2016年5月号

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

本当に強くなる"一人稽古"

ジャンル問わず!
達人たちはみな、“型稽古”で達人になっている!

DVD

崩して極める五つのコツ

古武術・合気柔術で悩んでいる方へ。
力任せの技ではない、形だけの稽古ではない。
技を掛けられる人は出来ている「共通の動き」があります。

実戦!なぎなた入門【応用編】

競技なぎなたは、女子だけのものにあらず!
男子のための指南DVD、待望の第二弾!