月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【訃報】ビクトル古賀(古賀正一)師範、御逝去

秘伝トピックス

【訃報】ビクトル古賀(古賀正一)師範、御逝去

ニュース 現代武道

 th_ビクトル古賀・手鎌2814.jpg旧ソ連の国技として開発され、関節技の宝庫として武道・格闘技ファンにもお馴染みの「サンボ」を、日本へ広めた功労者として知られる「ビクトル古賀」こと古賀正一師範が11月3日(土)、御逝去されました。享年83歳。

 古賀師範は1935年、旧満州ハイラルで日本人の父とロシア人の母の間に生まれ、太平洋戦争終結時に10歳にして単身、日本へ帰還するという過酷な境遇を体験されました。その後、家族と再会し、東京・ニコライ堂でレスリングを始めると、日大レスリング部で活躍。1970年代にサンボ修行のため旧ソ連へ渡り、各地を転戦して43連勝、すべて一本勝ちという大記録を打ち立てました。ソ連邦功労スポーツマスターなど、数々の称号を受賞され、日本へサンボを本格的に紹介した先駆者として「サンボの帝王」と賞されました。

 また、著書も多く、中でも1982年に青春出版社より刊行された『秘密の自己防衛術』は、競技を超えた護身技術としてのサンボの有用性を著したものとして、多くの武道・格闘技ファンに感銘を与えました。また、当時プロレスラーの佐山聡氏(総合格闘技「修斗」創始者)へ関節技を指導するなど、格闘技関係にも広く知られ、慕われていました。

 本誌「月刊秘伝」においては2010年8月号において、平直行氏、萩原幸之助氏など師範の指導を受けられた方々を通じて、柳生心眼流の島津兼治師範(弊誌編集顧問)と対談。貴重な技術論を展開していただきました。

 顧問を務めていらっしゃいました一般社団法人日本サンボ連盟の発表では、通夜、葬儀・告別式は近親者のみにて執り行われるとのことです。生前の御厚情を感謝し、ここに謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

達人のカラダ作り

高橋佳三教授の【達人のカラダ作り】
あらゆる武術・運動に効くトレーニング法

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道