月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 矢吹裕二師範「第十八代小野派一刀流宗家」襲名 

秘伝トピックス

矢吹裕二師範「第十八代小野派一刀流宗家」襲名 

ニュース 剣術/居合/刀剣

th_IMGP1579.jpg元祖伊藤一刀斎景久および流祖小野次郎右衛門忠明以来、約450年の歴史を誇る小野派一刀流剣術。江戸時代には、小野家は旗本として将軍家ご指南役を務めるなど、名流として名高い流派である。
現代まで脈々と引き継がれてきたその歴史と道統を、第十七代宗家として守ってこられた笹森建美宗家が、2017年8月15日、逝去された。

th_IMGP9529.jpg笹森建美先師のご意向により、この度 、矢吹裕二師範が「第十八代小野派一刀流宗家」を襲名。矢吹裕二宗家は今後に向けて「生涯を掛けて、先代が門人に教え、導かれた、『武道の最終目標は刀を置くこと。敵である相手と争いを止め円満となること』の体現を目指し努力精進して行く決意です」と語る。
矢吹宗家を筆頭にご一門一丸となって、今後も同流の技法と精神は確かに引き継がれていくことだろう。


th_IMGP9070.jpg【プロフィール】
矢吹裕二(ヤブキユウジ)
第18代小野派一刀流宗家
第3代禮楽堂堂主
剣道教士7段
1970年2月10日 福島県いわき市出生
1998年 第17代 小野派一刀流 笹森建美先生 直門
2017年 10月1日 笹森建美先生より第18代宗家を指命され襲名

 

関連記事:秘伝2018年1月号「
追悼 小野派一刀流 笹森建美宗家 世界から届いた賛辞の声、刻まれた『切落』の轍
秘伝2016年9月号「
ギリシア人武道ライター・ミリアレシス氏が体感する"古武術流派のいま" 小野派一刀流『一つの刀はすべてを統べる』

  • 極真会館 六本木道場$
  • 神野織物$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

"日本泳法"のススメ

生きのびるための知恵!
実用的水泳術!

「肩の力」を抜く!

簡単だけどムズかしい?
“脱力”できれば、フシギと強い!

DVD

合気道、黒帯稽古!

不世出の達人と謳われた塩田剛三存命中に、黒帯だけが参加を許された「黒帯会」。この稽古になぞらえ、塩田先生晩年の内弟子・安藤毎夫養神館主席師範による「合気道がもっと上手くなりたい人」を対象に開催された特別公開セミナーを丁寧に収録! 達人のコツを学びたい方、必見の内容です。

古伝の剛柔流空手 第二巻

現代空手にはない、沖縄空手の接近戦術とは!
掴み、ツボ、逆技、投げ技…、合計70手以上の貴重な古伝技法を収録。