月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【新作DVDレビュー】実戦的と注目された拳法!武禅会・松井欧時朗先生の【太気拳の組手】が好評発売中です。

秘伝トピックス

【新作DVDレビュー】実戦的と注目された拳法!武禅会・松井欧時朗先生の【太気拳の組手】が好評発売中です。

特別記事 中国武術 空手/拳法

素面素手・顔面アリで闘う武術の学び方。
立つだけの訓練"立禅"から、他武道も注目する"強さ"に至る体系を丁寧に解説。

th_BZK2Da2(962.jpg最強と謳われた空手戦士たちとの引けを取らない技術交流で、武術・格闘技愛好家から注目を集めた太氣至誠拳法(通称・太気拳)。国手(国家を代表する拳法家)の称号を受けた王向斉(おうこうさい)が創始した中国拳法・意拳を王から学んだ唯一の日本人武術家・澤井健一が日本で指導を始めた武術です。

大きな特徴は、中国武術の代名詞ともいえる套路(型)がなく、ボールを抱えるように両手を胸の前に上げ、そのまま立ち続ける【立禅(りつぜん)】という訓練法を稽古の根幹に置くこと。そして、拳と頭部に防具をつけずに、素手での顔面への攻撃も認める【組手】を行うこと。

この静から動の究極のギャップと気という言葉が相まって、太気拳は「神秘的な力を発揮する武術」というイメージを抱かれることもあります。ですが「太気拳で語られる気とは神秘・妄想ではなくバランスを保とうとした結果で生じる【抵抗感】です」と太氣至誠拳法武禅会・松井欧時朗先生。

例えば立禅のボールの腕に感じると説明される気感(きかん)。この正体は、神秘や思い込みではなく【腕の重さ】による、作用反作用の法則で説明できる【正反対の力】です。腕の重さが、腕を動かそうとした相手に、反作用として「跳ね返った」結果です。

その抵抗感を生む、自分の身体(重さ)を最大限に活用した力を【根源の力】と定め、養成していくことが立禅の目的。この力を維持しながら「揺(ゆり)...腕を動かす」「這(はい)...足を動かす」「練(ねり)...腕と足を動かす」という段階を踏みながら、全身の動きに発展させていきます。

さらに「推手(すいしゅ)」で相手と接触する感覚を徹底的に磨いていき、最終段階として、今まで磨き上げてきた身体感覚に身を委ねて闘う【組手】に至っていきます。

松井先生は、著名格闘漫画家・板垣恵介先生が「太気拳のS先生」と自著で紹介した、澤井健一の高弟・島田道男先生の門下。厳しい教えを受け継ぎながらも、多くの人が無理なく、分かりやすく、太気拳を学べるように指導に努めています。

「太気拳の全貌をしっかりと理解したい」という方はもちろん、体の中に生じる変化・力を「思い込みではなく、キチンと把握したい」と考える武術・スポーツ愛好家の皆さんにも、おススメできる内容となっています。

BZK_2Dh4a.jpgBZK_2Dh4b.jpgBZK_2Dh4c.jpgBZK_2Dh4d.jpg

DVD◎実戦的拳法【太気拳の組手】素面素手・顔面アリで闘う武術の学び方
指導監修◎松井欧時朗 まつい おうじろう
指導動画◎【気とは重さから来る感覚】。根源の力を養う立禅の要点を公開!
紹介動画◎実戦的拳法【太気拳の組手】素面素手・顔面アリで闘う武術の学び方
関連書籍◎重力を使う!立禅パワー

  • スポーツ庁アンケート$
  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$
  • BUDO JAPAN$

BOOK

四股鍛錬で作る達人

力士は四股だけでとてつもなく強くなる!
その特別な理由とは!?

護道の完成

福祉現場でのパニック対応で磨かれた
“傷つけず収める”術理!

DVD

切り下ろすがごとし!隼の合気道

“放したくても離れない手”の原理を遂に公開!
塩田合気の真髄!【剣の理合】を体で現す!!

護道・廣木道心 武の達人

武道武術の神技を徹底解明!
達人技の共通点と仕組みが実用レベルで分かる、使える

超肩甲骨はがし

肩こり・猫背・五十肩に効く驚きの超実践的テクニック