月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【月刊秘伝】2020年3月号、2月14日(金)発売!

秘伝トピックス

【月刊秘伝】2020年3月号、2月14日(金)発売!

ニュース 空手/拳法

【巻頭対談】ヨーガ行者の王と空手を探求する人気作家
成瀬雅春×今野敏 "自分の可能性を拡げる潜在意識の拓き方"
【特集】和道流・神道自然流
日本武道×沖縄空手の融合! 「体捌き」の空手
【特別企画】大東流合気柔術 大和会
パワーでもスピードでもない"技" 「中心を制する」合気の術理
【新連載】YSPC 渡邊康人 
上達の壁をぶち壊す! 私たちのプランC─12章56個の答え


秘伝3月号が2月14日(金)発売となります!!

th_今野・成瀬5094.jpg巻頭記事では、ヨーガ行者の王・成瀬雅春師と各界著名人による好評対談シリーズとして、本誌連載も好評な人気作家にして沖縄空手の深奥を探究する空手家でもある今野敏師との対談をお届けします。実は、この両名、30年以上前からのお付き合いがあるとのこと。今回は、成瀬師の新著『意識ヨーガ』が刊行されるタイミングということで、「意識」について、深く語り合ってもらいました。

"達人"ならではの視点を通して、ヨーガで、空手で、瞑想で、執筆で、自分を見つめ、意識を拓く道筋が示されました。

th_和道イメ055.jpg巻頭特集は「日本武道×沖縄空手の融合! 「体捌き」の空手」と題して、沖縄から本土へ空手(唐手)が伝えられた当初、その「戦い方」を模索する上で、本土既存の剣術、柔術の理合をもって、新たな空手を創造していった和道流、神道自然流を、「体捌き」をキーワードとして御紹介しました。
第一章では三代大塚博紀宗家率いる和道流空手道連盟全国大会で新たに新設された「熟練の部」に焦点をあて、和道流本来が培ってきた組手技法について御紹介しています。空手各流派の中で、いち早く「フリー」と称する自由組手を実践してきた和道流では、「流す・住なす・乗る」という体捌きの妙を活かし、独特な「戦える空手」を生み出しました。しかし現在、画一化が進む競技空手の中で埋もれてしまいがちなそれらの技術を、「素手素面、一分間のフリー試合」で再び啓蒙する「熟練の部」の試みとは、いかなるものなのか?

また、これに続くコラムとして、和道流成立時に初代宗家が関わった、阿波・徳th_久武イメ1-12.jpg島伝承の「柳生神影流剣術(正式名:阿州柳生神影流兵法剣術)」から、「和道流へ影響を与えた剣の「体捌き」』について御紹介いただきました。また、空手界の大同団結から成立した全空連が推進する競技空手の中、和道の薫陶を受けた多くの選手たちが台頭することとなりましたが、中でも全日本三連覇の偉業をなしたth_清水選手世界大会1996.jpg清水裕正氏にインタビュー。年を重ねる中で改めて役立ったという、和道空手の教えについて語っていただきました。

そして第二章では、昭和の武の巨人、合気道開祖植芝盛平の示唆の元、文字通り「体捌き」と称する新たな型を作り出した初代小西康裕創始の神道自然流空手術を御紹介しています。日本空手道の父・船越義珍への入門から実戦名人・本部朝基、首里手・那覇手を共に学んだ摩文仁賢和といった沖縄空手家たth_小西・本部027.jpgちと交流、剣道、剣術、柔術といった数多の在来武道をも修め、あるいは研究する幅広い人脈の中から作り上げられた神道自然流。その真髄ともいえる「体捌き」の型、あるいは「米の字」の足捌きなどの基本稽古を、同流良武会国内師範たちの協力を得て、ご紹介いただきました。



特集以外にも注目記事が盛り沢山!

大東流合気柔術大和会 山本敦史師範が本誌初登場。新進気鋭の若き求道者によって、パワーでもなく、スピードでもない、"技"としての合気の術理を「中心を制する」というキーワードで御紹介いただきました。
JKDアンリミテッドバートン・リチャードソン師からは今回、武術と舞踊の相関性をテーマに、師による新たなコーディネーションからなる「シラット・ダンス」を御披露いただきました! 優雅なダンスの中に秘められた、恐るべき実戦性とは、いかなるものなのか!? お確かめ下さい。
世界最大級「西日本甲冑交換会」探訪記 では、豪華絢爛な出で立ちから戦国武者の息吹を感じる甲冑の魅力を御紹介。戦いにおける機能性の中に、日本独特の「美」が内包された甲冑の世界。戦場をくぐり抜けたその迫力をお届けします。

th_JQ7A6142天井消し.jpgth_+RITYA6s.jpgth_甲冑89_06.jpg

さらに必見の記事が勢揃い!!

th_IMGP0145+エアコン消し.jpg今号より新連載となるのが、YSPC渡邊康人師の「私たちのプランC 12章56個の答え」。"型破りな「現代の兵法書」"と銘打つこの連載、YSPC Martial Arts Academy代表の渡邊師による、ひと味違った視点からの"武的発想の転換"を促す大注目な新連載です。
◎先頃御逝去された、太極拳の実践・研究の第一人者であった郭福厚老師を追悼th_郭福厚.jpgした「太極拳大師の遺した神韻」は、師の類い稀な経歴、その奥深い教えについて、親しく指導を受けられたNPO法人神戸太極拳協会の上がり浜誠一師に御寄稿いただきました。
◎好評シリーズ「手裏剣な人々」第2回となる今回は、その実戦経験の豊富さでは"知る人ぞ知る"興和警備保障の西村政志師に御登場いただきました。真に必要とされる「身を護るための投擲術」について、御紹介いただきましたth_DSC_5354.jpg
◎日本の療術界でも大きな勢力をもつ均整法(術)。その創始者である亀井進翁の足跡を辿る「"在野の巨人"亀井進と均整術」。前編となる今th_講座集11号亀井師範24.jpg回は、療術家たちが行った療術の法制化運動と、その中で、やはり療術界の巨人である野口晴哉との決別について詳述されます。
◎さきに東京・三重テラスで開催された「忍者・忍術学講座 in Tokyo」の模様と共に、まるで迷宮のような忍術史の興味深さ、そこに関わる人物から、真の忍術とは何か?といった学術的考察まで、「学問から秘術を解明する 忍者・忍術学研究の最前線」をお届けします


そのほか、◎黒田鉄山「鉄山に訊け!」、◎山田雄司「忍の細道」、◎真北斐図「図形と武術」、◎修武堂・小山隆秀「ツガルの剣」、◎池本淳一「中国伝統武器の手触り」、◎高橋賢「"日本柔術史"新研究」、◎高岡英夫師創始「総合呼吸法が導く呼吸の達人 第三教程編」、◎日野晃師「武道者徒歩記」、◎倉部至誠堂「合気速習NEXT STAGE」など、大好評の連載陣も必見です!


内容充実の「月刊秘伝3月号」は、2月14日(金)の発売です。全国の書店、ネット書店、秘伝ウェブショップなどでお求め下さい。

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

本当に強くなる"一人稽古"

ジャンル問わず!
達人たちはみな、“型稽古”で達人になっている!

DVD

崩して極める五つのコツ

古武術・合気柔術で悩んでいる方へ。
力任せの技ではない、形だけの稽古ではない。
技を掛けられる人は出来ている「共通の動き」があります。

実戦!なぎなた入門【応用編】

競技なぎなたは、女子だけのものにあらず!
男子のための指南DVD、待望の第二弾!