HOME > 月刊秘伝

年別で探す

特集テーマで探す

  • 秘伝資料室
  • 全国道場ガイド無料登録募集中
  • 全国行事ガイド無料登録募集中
  • BUDO JAPAN
  • BUDO JAPAN 武道ライター募集!
  • Twitter

秘伝2021年9月号

呼吸と動作で“飛躍的”変革!

万古不易の身体開発法

◎第1章 田中幽月 肥田式強健術〝呼吸操練法〟

天の寵みを活かした心身鍛錬術

◎第2章 佐藤雅樹 逆腹式呼吸と太極式ストレッチ

〝武術と健身の奥義〟「背骨の伸長」と「伸筋抜骨」

◎第3章 小野将広×中井祐樹 純国産身体開発メソッド 真向法

四つの体操でしなやかな動きを作る!

◎第4章 成瀬雅春

身体を拓き内なる力を引き出すヨーガ式鍛錬法

腹筋で胆力 呼吸で意識力 動きの土台は足首

◎コラム 文・河野智聖(動体学) 胴体力の革新性とは?

3つの動きがもたらす身体開発の可能性

■巻頭グラビア
羽黒派修験道 先達・長谷川智「修験道ワーク」/総合武道研究会玄武館・岡部武央「野稽古で強くなる!」/武禅会・松井欧時朗 太氣拳探求で気づいた”力” /和身塾・山崎真吾「芯伝整体」
■巻頭インタビュー 今月の「秘伝なヒト」! 歌人・小島なお 短歌の韻律と居合のしらべ
刀の間合いで世界を詠う!
■岡部武央 連載「瞑想で強くなる!」特別編
野稽古のススメ
■羽黒派修験道先達・長谷川智
“懺悔の行”で開かれる身心の力
■”人体動作の表現方法を定理する”漫画家・篠房六郎氏インタビュー
『ポーズの定理』が示す身体操作の方程式
■太気至誠拳法武禅会・松井欧時朗 ゴム鞠の力、気と意の関係、他者との接点の活用…
太気拳の探求が気づかせた、身体原理が生み出す「力」
■短期集中【隔月連載】全日本槍術連盟・石川哲也
「失われた”戦場の華”槍術の復元・復興」第2回 本心鏡智流(後編)
■ポール・マーティン 竈門炭治郎リアル「日輪刀」自作プロジェクト!
炎の”特級”刀剣伝道師! 刀剣の橋を架ける人
■「GREAT JOURNEY OF KARATE」中達也師範特別インタビュー 
空手の源流を辿る旅
■和身塾 山崎真吾
和の身体技術で自然治癒力を取り戻す! 芯伝整体 体験レポート
■禅道会 小沢隆 「歩き」で体得! ひとまとまりの身体
空手道禅道会「歩行修行と武道実践」
■真北斐図
十牛図と瞑想法
■宮下宗三
温故知新養生法
■高岡英夫
「歩きで鍛える”歩道”」入門
■逆井則男
双伝”初見神流” 武神館武道の極意
■修武堂 小山隆秀
津軽(ツガル)の剣
■刀剣ジャーナリスト・土子民夫
戦後日本刀事件史
■高橋賢
“日本柔術史”新研究
■日野晃「武道者徒歩記」
■黒田鉄山「鉄山に訊け! 」
■山田雄司「忍びの細道」
■世界の古武道道場通信!
◎秘伝ジャーナル

【巻頭】歌人・小島なお
短歌の韻律と居合のしらべ
刀の間合いで世界を詠う!

「五七五七七」の韻律とともに千三百年もの歴史がある短歌の世界。

また、古伝の座技、立技と、多くの形を現代に伝える無雙直傳英信流。

ともに型(形)の中で表されてきた「短歌と居合」の〝こころ〟とは!?

今回、注目の現代歌人として活躍するとともに、「無雙直傳英信流」を
修める小島なおさん(居合歴4年半、現在三段)にお話をうかがった。

【特集】呼吸と動作で“飛躍的”変革!
万古不易の身体開発法

古来より、身体を本質的に変革する様々な鍛錬法が存在する。それは、単に運動能力を高めるということではなく、身体の内側からの力を引き出し、筋力に依存しない身体の仕組みを造り上げるメソッドだ。

本特集では、数ある鍛錬法の中から、肥田式強健術や真向法、さらには、ヨーガや太極拳に基づいたトレーニング法を、長年その鍛錬法を修めてきた師範たちに紹介いただくとともに、胴体力について解析するコラムも併載した。
武道やスポーツの動きにおいて、より高みを目指す人にはもちろん、日常動作の質を向上させたい人にも、ぜひご覧いただきたい。
〝呼吸〟と〝動作〟を用いた修練が、身体を根本から変えていく!

【特別企画】羽黒派修験道 先達 長谷川智
修験道ワークで身体機能を高める!
“懺悔の行”で開かれる身心の力

修験道は、古来より神聖なる山を行き来し、その過酷な環境において行を行うことで、身心を向上させる智慧を創り上げてきた。本誌では、その“修験道の智慧”を、羽黒派古修験道先達の長谷川智師による連載にて、昨年まで2年間にわたり紹介してきた。
今回、長谷川師が新たに深い気付きを得た内容も加味して、修験道の智慧を活かしたワークを紹介するとともに、“懺悔する”ことによる身心への効果を語ってもらった。

【特別企画】太氣至誠拳法 武禅会 松井欧時朗
太気拳の探求が気づかせた
身体原理が生み出す力

創始者・澤井健一宗師をはじめ、今やレジェンドと呼べる様々な達人、名人を世に送り出してきた通称「太気拳」こと太氣至誠拳法。それはまた、太気拳の持つ稽古システムがそれだけ優秀であることの証でもあるだろう。
そんな太気拳では現在も多くの新しい人材が日々、その深奥を極めるべく努力を重ねている。その中でも新進気鋭の師範として、独自の理論構築に至ったのが太氣至誠拳法 武禅会の松井欧時朗師範だ。
画期的な“達人へ至る体系的な方法論”「トライポッド・メソッド」を提唱する師に、修業の過程で“気づいた”、太気拳で養い得る「力」について、改めてまとめていただいた。

次号予告

特集◎極める・落とす・活かす「神武不殺」の教え

日本武術“至高の哲学”
──「殺活術」の原理

柳生心眼流・島津兼治「古流柔術の殺活術」、脳神経外科医・江夏怜「気絶の機序」、柔道の絞技、落とす当身、危急の際の蘇生術……、etc.


・巻頭対談「秘伝なヒト!」  日本空手協会・栗原一晃×志村珠妃

美しく、そして力強く極める! 「型」で勝つ極意

・日本空手協会・中達也師範特別解説「第63回全国空手道選手権大会」

武道空手が貫く「一本勝負」の理念とは!?

・護道・廣木道心×総合格闘家・菊野克紀 特別対談

自他護身を可能とする身体使いと潜在意識

・フランス合気道の重鎮 世界で最も著名な合気道普及家&推進者

クリスティアン・ティシエの「貴重! 合気道ヒストリー」

・【新連載】松田哲博(元・一ノ矢) “四股トレ”提唱者が解析する相撲文化の科学

伝統に秘められた心身開発法の探求「相撲の力学」

・運動科学総合研究所・高岡英夫

東京五輪2020メダリストの身体意識解析

・バートン・ライト創始「バーティツの護身体術」

・【シリーズ】福岡雅巳「紀州藩武術史跡紀行」第1回

・整体師・楠哲郎の「肩甲骨はがし」、etc.