HOME > DVD

示現流剣術

ご購入はこちら

定価
10780円
収録時間
23分
[目次]

日本武道館監修、日本古武道協会後援古武術の技法研究・資料として最適!!

演武者:東郷重政
収録時間:23分

示現流剣術は東郷藤兵衛肥前重位を始祖とする。九州は薩摩島津藩の代表的なお留め武術である。東郷重位は初学にタイ捨流と天真正自顕流を修業し、その奥義を極める。後に二流を統合し編み出したのが示現流である。示現流の特徴はその初太刀にある。稽古において丸木をトンボの構え(右側頭部に剣を突き上げる型)から左、右と斬る事を何度となく繰り返す。錬磨に習熟すると、一太刀の斬撃のみで二の太刀を振るうことなく敵を倒す事ができるという。攻撃すなわち防御とも成るわけで、幕末に大いに活躍し、諸藩からは「示現流は初太刀をはずせ」とまで呼ばれ恐れられた。

収録内容

初度  
(燕飛 小太刀 再起 三太刀の内 燕飛)

初度 → 小太刀

初度 → 三太刀

再度  
(持掛 早捨 長木刀 振掛のうち 振掛と長木刀)
初段  
(立 双 越)  

二段  
(寸 満 煎)   

三段  
(平 安 行)

四段  
(軽 道 真)

著者プロフィール

●古武道シリーズ

日本の伝統武術である古武道は日本人が育んできた文化の結晶である。このビデオシリーズは本来、貴重な文化遺産である古武道の技術を保存するための資料として撮影された日本武道館監修、日本古武道協会後援の作品である。日本国内に現存する古武道の主な流派を収録。撮影された内容の中には現在ではその姿を見ることの出来ない先代、先々代の宗家が演武された貴重な映像も含まれている。内容の中心は個々の流派の代表的な型とその流派独自の技の数々。古武道研究者のみならずマニア垂涎の全80タイトルを紹介する。

●制作・著作:財団法人 日本武道館  
●発売元:(株)エルコム 
●販売:(株)BABジャパン


月刊秘伝2022年6月号

2022年5月13日発売

注文する 定期購読
  • 日本抜刀道連盟$