HOME > BOOK > ゼロ化すれば必勝!

ゼロ化すれば必勝!

定価
1,540 円(税込)
著者
吉田 朗
判型
四六判
頁数
160頁
発売日
2022年1月26日

意識、経絡、神経を攻める
古流武術の本質、再発見!

不意をつけば、触るだけで倒せる。
鍼灸師でもある武術家の著者が説く、あらゆる手段を尽くして相手を弱体化させ、技を“効く状態”にしてしまう、まるで“盲点”だった古武術技法。
なんでもない攻撃に最大威力を宿す、なんでもないようで“奇跡”な技法を一挙収録!
現代武術でも格闘技でもほとんど語られてこなかった、古伝にあって革命的な知られざる攻撃理論、公開!

CONTENTS

●はじめに ~見えないもの、失われかけているもの
推薦のことば(平直行)

●序章 “相手を弱体化させる”という考え方 ~古流武術の本質
 1 強い相手を倒す術
 2 古流武術の考え方
 3 どうすれば“弱体化”させられるのか
 4 なぜ失われかけているのか? なぜ取り戻せるのか?

●第1章 相手の意をはずす ~“ゼロ化”してしまえば“1”で効く
 1 方位と方違え ~相手に“虚”を作らせる
 2 背中から入る
 3 鍼の技法と妙法“3拍子”
 4 自分で自分を裏切る

●第2章 “絶妙なる中途半端” ~相手を止める・コントロールする
 1 力が強く大きな相手を動かす法
 2 不動金縛り
 3 “袋小路”に陥らせる技法

●第3章 倒す攻撃 ~人間が“耐えられない”ポイント
 1 首という盲点
 2 急所と経絡技法
 3 複数箇所を攻撃する
 4 連打の意外な作用
 5 ただ、触る
 6 掌の魔力

●第4章 呼吸の妙術 ~見えないものに宿る力
 1 相手の息を上げさせる
 2 カウンターを作る“呼び込み”
 3 自分の呼吸で相手を固める
 4 呼吸によって動きはどう変わる?

●第5章 自己身体の最大活用術 ~密やかなる身法
 1 “武者震い”
 2 “片目勢厳”

●おわりに ~護身と古流武術の観点

著者プロフィール

吉田 朗(よしだ あきら) 1954年、東京都生まれ。10代より剛柔流空手の渡口政吉師範、柳生心眼流兵法術の島津兼治師範に師事、修行に明け暮れる。23歳の時に空手指導員として渡米。帰国後、島津師範より柳生心眼流の教伝免許を受ける。
現在は鍼灸師として吉田治療院を営む傍ら、柳生心眼流春風吉田会を主宰、同流の技法へ東洋医学、東洋哲学の理論を当てはめた独自の探求から成る技法体系を確立して、後進への教伝に努めている。
DVD『武者震いの一手』(BABジャパン)

▶ キーワード検索