月刊秘伝WEB HOME > BOOK > 14人の直弟子が語る合気道創始者・植芝盛平の言葉と姿 『開祖の横顔』

カテゴリー別で探す


Warning: include(/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/hiden/www/book/book42.php on line 49

Warning: include(): Failed opening '/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/hiden/www/book/book42.php on line 49

BOOK

14人の直弟子が語る合気道創始者・植芝盛平の言葉と姿 『開祖の横顔』

ご購入はこちら

定価
1760円
判型
A5判
頁数
276頁
[目次]

「武道のみならず、生きる知恵と力を求めるすべての人に」
内田樹氏(多田宏門下六段)推薦!

合気道を創始した伝説的武人・植芝盛平翁。その手を取り、直接指導を受けた直弟子14人の貴重な証言をまとめた本書には、己の合気道追求と、次代に開祖の合気道を伝えるべく、真摯に師・植芝盛平に向かい続ける人々の言葉がある。ここにあるのは合気道を知り、自分のものにするためのヒントだ。

収録師範


第一回 佐々木の将人
「顔だね、開祖の仙人のような顔に惚れました。」
第二回 菅沼守人
「動きに無理が無い。大先生の技を受けることができたのは幸運でした。」
第三回  藤田昌武
「大先生の顔を見た途端に“この人なら大丈夫だ”と思った。」
第四回 小林保雄
「大先生に投げられると、身体の中心に力が加わるんです。」
第五回 黒岩洋志雄
「合気道は植芝盛平先生によって作られ、植芝盛平先生の死によって消滅した。」
特別編  砂泊諴秀
「開祖の精神をどうやって技に生かすか。それを真剣に考えました。」
第六回 清水健二
「大先生の技は受をとって気持ちが良い。流れるようにストーンと極められる。」
第七回 加藤 弘 
「パッと立つだけで相手を包み込む感じ。それが大先生にはあった。」
第八回 渡辺信之
「“あ、侍だ”と思った。空気が違うんですよ。」
第九回  奥村繁信 
「武道はただ身体を動かすことじゃない。最後には生か死という、死生観がある。」
第十回 磯山 博
「抉るような目と、優しい眼差し。その二つの眼差しに接せられたことが一生の宝。」
第十一回 田村信喜 
「すべては自分の勉強だから。武道というものは、筋を通さなければ駄目。」
第十二回 山田嘉光
「人が違えば合気道の質も違う。それが合気道の宿命。」
特別編 多田 宏
「大先生の合気道は日本武術から発した、生命を磨く近代的訓練法だ。」

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。