月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 新刊書籍『実録 柔道対拳闘(ボクシング)─ 投げるか、殴るか。』4/27発売!

秘伝トピックス

新刊書籍『実録 柔道対拳闘(ボクシング)─ 投げるか、殴るか。』4/27発売!

特別記事 柔術/体術 現代武道

日本の「柔道」は、西洋の「拳闘(ボクシング)」に勝てたのか?

本部朝基異種格闘用.jpg最強の格闘技は何だろう? 強さに憧れた者なら、誰もが一度は考えたはずだ。
その答えを出すべく、1993年にはUFCがスタートし、グレイシー柔術が一世を風靡した。しかし現在では、総合格闘技も一つの格闘技として確立し、異種格闘技戦の色は限りなく薄まっている。
UFC以前に遡れば、おそらく日本で最も有名な異種格闘技試合は、アントニオ猪木対モハメド・アリ戦ではないだろうか。組み技とパンチ、それぞれの得意分野に持ち込むため展開が単調となり、異種試合成立の難しさを露呈した。

[実戦唐手の雄、本部朝基(右)]

図2 読売新聞 1924.7.29.jpg多くの人が知るところは、以上までだろう。ところがさらに昔、明治・大正期の日本で、日本人柔道家対外国人ボクサーの対戦「柔拳試合」の興行が人気を博していたという事実があった。
この本では、ペリー水兵対江戸力士の元祖・異種格闘技戦から、柔拳興行の盛り上がりと終焉まで、知られざる真実に迫る。貴重な記録でありながら、心熱くなる読み物だ。
結局のところ、柔道と拳闘(ボクシング)はどっちが強かったのか? 答えはこの本に。

(関東大震災後に行われた柔拳興行の広告[読売新聞1924.7.29])

新刊書籍『実録 柔道対拳闘(ボクシング)─ 投げるか、殴るか。』池本淳一・著

神戸又新日報1926.2.9eps.jpg

(第二十二回神戸大会の記事[又新日報1926.2.9])
  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

達人のカラダ作り

高橋佳三教授の【達人のカラダ作り】
あらゆる武術・運動に効くトレーニング法

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道