月刊秘伝WEB HOME > BOOK > 実録 柔道対拳闘(ボクシング)

カテゴリー別で探す


Warning: include(/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/hiden/www/book/category/yawara/post_64.php on line 49

Warning: include(): Failed opening '/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/hiden/www/book/category/yawara/post_64.php on line 49

BOOK

実録 柔道対拳闘(ボクシング)

ご購入はこちら

定価
1,980円 (税込)
著者名
池本淳一
判型
四六判
頁数
248頁
発売日
2018年4月27日
[目次]

「アントニオ猪木 VS モハメド・アリ戦」
より遥か前、明治・大正期に
“最強” を求めるロマンは幕を開けていた!

かつて日本で、数々の異種格闘技試合が行われて いたことを知る人は少ない。日本人柔道家と外国人 ボクサーが繰り広げた熱い戦いが、今蘇る! 当時の新聞・文献 から紐解く、血湧き肉躍る ドキュメンタリー! 貴重な写真も多数掲載! 異なる格闘技を身につけた者たちが闘う、総合格闘技の原点─「柔拳興行」。時を経て、今再びクローズアップ!

第一章◎ペリー水兵対江戸力士
    ―異文化交流としての異種格闘技戦

第二章◎流浪のボクサーからの挑戦状
    ―ビジネスから見た柔拳試合

第三章◎決戦!横浜柔拳
    ―決闘としての柔拳試合

第四章◎E・スミスの柔拳巡業
    ―競技としての柔拳試合

第五章◎嘉納健治の柔拳興行〈前半戦〉
    ―大正ニュー・スポーツとしての柔拳試合

第六章◎嘉納健治の柔拳興行〈後半戦〉
    ―ブームに翻弄される柔拳試合

第七章◎「華やかなりし頃」過ぎて
    ―ニセモノ、八百長、そして「時代遅れ」の柔拳試合

特別編◎沖縄空手対ボクシング
    ―本部朝基の柔拳興行飛入戦

著者プロフィール

著者◎池本 淳一 Junichi Ikemoto
松山大学人文学部社会学科・准教授。博士(人間科学、大阪 大学)。専門は歴史社会学・比較社会学(中国/台湾)・地域 社会学・武道史等。中国社会科学院(客員研究員)、大連外 国語学院・蘭州理工大学(外国人招聘教師)、早稲田大学ス ポーツ科学学術院(助手・助教)を経て、2016 年度より現職。 社会学・歴史学の視点から、東アジア武術の比較研究やスポー ツ・武道を通じたまちづくり・観光を研究。現在は 24 式太 極拳と中国の武器術を修行中。
  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。