月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 合気道【体を柔らかくしなやかに使う】白川竜次師範の呼吸力の技 11/20発売(DVD)

秘伝トピックス

合気道【体を柔らかくしなやかに使う】白川竜次師範の呼吸力の技 11/20発売(DVD)

特別記事 合気武術 柔術/体術 現代武道

動きが奇麗! 観れば真似したくなる!
強く美しい武道の動きと可能性が探究できます。

th_SRJ2Da.jpg「良い稽古とは、お互いに相手を尊重して技を磨き、お互いが成長出来る稽古のことです」。試合を行わずに、"受け"と"取り"を決めた技の繰り返しで上達を図る合気道の取り組み方を白川竜次師範はこのように説明します。

 

その代表的な技が呼吸投げです。力任せに投げるのではなく、相手の動きに自分の全身の力を合わせることで、投げに繋げていきます。

 

例えば"体を開く"呼吸投げは、相手の力を吸収するために肩を柔らかく使うことがポイントです。そして肩・胸を開き、中心(肚)を使います。さらに息を止めずに行うことも重要で、以上を繰り返し稽古することで呼吸力が養われます。

 

そして受けは単なる投げられ役ではありません。「受身を柔らかく正確に取ると相手の力を繊細に感じることが出来ます。その感覚を受けでは学ぶことになります」(白川師範)。ここにお互いの成長を目指す合気道の哲学があるようです。


DVD【合気道を究めよう】第二巻:呼吸力編

関連記事『秘伝2019年12月号(11/14発売)』

 

関連DVD【合気道を究めよう】第一巻:入身転換編

関連動画【強く美しい合気道】

 関連動画【華麗な変化技!回転落とし】

関連動画【観れば真似したくなる合気道】

関連動画【杖の動きで投げる】

SRJ_2Dh4a.jpgSRJ_2Dh4b.jpgSRJ_2Dh4c.jpgSRJ_2Dh4d.jpg

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

達人のカラダ作り

高橋佳三教授の【達人のカラダ作り】
あらゆる武術・運動に効くトレーニング法

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道