HOME > DVD

明府真影流手裏剣術

ご購入はこちら

定価
10780円
収録時間
30分
[目次]

日本武道館監修、日本古武道協会後援古武術の技法研究・資料として最適!!

演武者:染谷親俊
収録時間:30分

当流は隠し武器(隠剣)を中心に作られた武器術である。隠剣というのは手の中に隠せるほどの小さな武器を使う武術のことである。その中でも手裏剣が最も知られているのの一つであろう。隠剣は別名削闘剣ともいい相手の戦闘力を削ぐことを主眼とするためすべて小型軽量であるものが多い。江戸時代太平の世に護身のための武術として隠剣術が登場してきて現在に流派として残るほどに発展してきたのである。明府真影流で使用する手裏剣は棒状で長さは約14センチ、6ミリ角を基準としている。

収録内容

直打法
(正面五本打ち・後ろ打ち・二度打ち・三度打ち・両手打ち)
手裏剣術 併用技
掌鍵術  対空手組手 一本目〜三本目
角手術  対空手組手 二、四、五本目
短刀術  対空手組手 一本目〜三本目
縄剣術  四、五、七本目
手鍵術  一、五、六本目
鎖術   基本練習・流動の技
居合   一本目〜五本目
立合   二、四〜七本目・奥技五本目 
対剣組手 一、二、四本目

著者プロフィール

●古武道シリーズ

日本の伝統武術である古武道は日本人が育んできた文化の結晶である。このビデオシリーズは本来、貴重な文化遺産である古武道の技術を保存するための資料として撮影された日本武道館監修、日本古武道協会後援の作品である。日本国内に現存する古武道の主な流派を収録。撮影された内容の中には現在ではその姿を見ることの出来ない先代、先々代の宗家が演武された貴重な映像も含まれている。内容の中心は個々の流派の代表的な型とその流派独自の技の数々。古武道研究者のみならずマニア垂涎の全80タイトルを紹介する。

●制作・著作:財団法人 日本武道館  
●発売元:(株)エルコム 
●販売:(株)BABジャパン


月刊秘伝2022年6月号

2022年5月13日発売

注文する 定期購読
  • 日本抜刀道連盟$