月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 新刊書籍『沖縄空手の超接近技法』好評発売中!

秘伝トピックス

新刊書籍『沖縄空手の超接近技法』好評発売中!

特別記事 柔術/体術 合気武術 空手/拳法

古伝の空手は、取手(柔術技法)を含む接近戦が肝だった!

th_19031W2A9848.jpg これまで、空手術理の定説では、「首里手・泊手」は遠間から飛び込み、「那覇手」は近間で威力を発揮するといわれてきた。

 しかし、この説は実態に合っているのか? その答えに迫ったのが本書である。

 著者の佐藤哲治師範は、那覇手(剛柔流)の久場良男師に師事しながら、同門の筆頭師範で首里手・泊手にも精通する新城孝弘師からも教えを受けている。

 その過程で至った結論が「いずれも接近戦に通じる」ということだった。実戦を想定すれば、必然的にそうなるともいえる。

 本書では、首里手・泊手における伝説の実戦名人・本部

th_19031W2A9844.jpg朝基のナイハンチを読み解き、実は接近戦のための術理を示していることを解明した。冒頭の入り身からの目打ち、引き崩しての鈎突きなど、まさに接近戦で相手を制する術理が凝縮している。

 接近戦術には取手(柔術技法)も豊富に出てくるため、合気道や柔術を学ぶ方にも多くのヒントが得られるだろう。
th_19031W2A9853.jpg


書籍『沖縄空手の超接近技法』

  • SP:BUDO JAPAN$
  • SP:電子書籍$

BOOK

力を超えた!合気術を学ぶ

日本武術の神技が誰でも使える!
ヨーロッパで磨かれた習得理論

沖縄空手の超接近技法

伝説の実戦名人・本部朝基(もとぶちょうき)の型動作から、“本来”の戦術を学ぶ!!

DVD

和の身体術

背骨と調和のパワー
潜在能力を100%発揮する作法

活法合気道

無理なく相手を動かす
気を合わせる心と体の使い方

天然理心流入門 撃剣編

打つ!組む!投げる!
これが近藤勇系統「撥雲館」道場傳の
実戦を想定した〝撃剣稽古〟!