月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【新作DVD紹介】これが"戦うための合気"を解説!石橋義久師範の新作【「武術合気」の原理】が大好評発売中!

秘伝トピックス

【新作DVD紹介】これが"戦うための合気"を解説!石橋義久師範の新作【「武術合気」の原理】が大好評発売中!

特別記事 合気武術

これは武田時宗直伝の「大東流戦闘論」だ!

HT2103_表1.jpgこのDVDは"問題作"だ。 
冒頭、石橋義久師範により「このDVDは具体的な技の紹介ではありません。」と語られる。では一体、何が行われるというのだろうか。
このDVDのテーマは、「大東流戦闘論」と言えるかもしれない。武田惣角師が、そして武田時宗師が何をどう考えていたのか、それが丸ごと凝縮されてここに詰まっている。

大東流は"離隔の武道"であることがまず語られる。つまり「離れた状態から始まり、そこからいかに有利に接触するか」を追究するものであると。いわば「前段の崩し」な訳だが、よくよく考えてみれば、実戦とは、例外なく離隔から始まるものだ。「掴まれた状態」から始まる訳でもなく、必ずその前に「掴みにこられる状態」が存在する。ここの追究がなされなければ、その先の技もクソもなかったのだ。
HT2103_石橋先生DVD.Still012.jpg
そして次がれる言葉に、とみに緊張感が高まる。
「大東流が前提としているのは勝ち負けでなく、生死です。」
離隔状態からの制し合いで優位をとれなければ、命をとられてしまう。その最たるものが剣術と言えるだろう。大東流が剣術を基点にしているゆえんはここにある。つまり、大東流は恐ろしいほどに実戦性が追究されている武道なのだ。
技をかけられるかかけられないか、効くか効かないかを決めるのは、実は「技の形」や「体の格好」ではない。これらをDVDや本などから模倣しようとしたところで、技の本質的な体得にはつながらない。
HT2103_石橋先生DVD.Still006.jpg
では、一体何が必要なのだろうか? その、"もしかすると最も大事かもしれない部分"を、このDVDは教えてくれる。
一見不親切だ。「手をこのくらい上げて、右足をこのくらい踏み込んで~」のような手ほどきはしてくれない。しかしそれだけに、従来のDVDや、本や、平凡な稽古などの中からではなかなか得ることができないでいた「とんでもなく大きな気付き」を与えてくれるものだ。
HT2103_石橋先生DVD.Still007.jpg
誤解のないよう述べておくと、このDVDは観念的な話に終始している訳ではない。具体的な体動が解説されていない訳ではないのだ。ただし、これらの観方にはぜひ一工夫してほしい。ただ、部分的な模倣をするだけでは何も得られない。例えば、相手に力を出させなくする方法として「腕を伸ばさせる」ことが紹介される。また別項では、「打突への対処」と題して、突きへの対応法が紹介されている。「突きは止めるのではなく流すのです」と解説されるその体動は、結果として相手の腕を完全に伸ばさせている。つまり、根っこでは繋がっているのだ。このDVDを理解すれば、大東流の技がどうして「あの形」になっているのか、その理由もきっと見えてくるだろうと思う。
気付きとはこういうものだろう。いくらバラバラな項目を大量に積み重ねても何にもならないが、ある時、それらが一気に繋がる瞬間が訪れる。
HT2103_石橋先生DVD.Still011.jpg
「その瞬間」の価値は、訪れてみないと決してわからないが、必ずそのためのきっかけを与えてくれる、そんな「良質な稽古」のようなDVDであることは間違いない。


関連商品:DVD『「武術合気」の原理』

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道

シコトレ入門

強靱な力士の伝統的鍛錬法で
強く、ケガをしない体を作りましょう